2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2017年2月15日 (水)

平日限定!タルトレット・ショコラ・ノワ

【お知らせ】

レ・ドゥー・シャでは製造スタッフを募集しております。

170201
※受付時間:
(月)~(土) 10:30 ~19:00 
(仕込、接客のため出られない場合がございます
ので何卒ご了承ください。

ご興味のある方、お気軽にお声をおかけください♪
どうぞよろしくお願いいたします(*^_^*)





-----------------------
(ここからが本文です)

Bonjour !! レ・ドゥー・シャのパティシエールSonoですwink

先週から今週にかけて、バレンタインスペシャルBOXをお買い上げいただきました皆様、
本当にありがとうございました!

一時、ご予約が殺到し、当初の予定を大幅に変更して作り足しました(笑)

通販サイト「Creema(クリーマ)」からも多数ご購入いただき、感謝しております★

クリスマスやバレンタインなどの全国的なイベントがあると、厨房はフル回転で忙しく、体力勝負となりますが
皆様に喜んでいただけること、そして
こうしたイベントをきっかけにレ・ドゥー・シャを知っていただけることが
とてもありがたく、幸せなことだなぁと思っているところです。

※ちなみに、複数のお客様からお問い合わせをいただいております
「ホワイトデースペシャルBOX」は、現在試作中ですwink
追ってUPしますので、しばらくお待ちくださいませ!






さて、バレンタインは終わりましたが、今月いっぱいは「ショコラなお菓子」をお作りしてまいります♪

最近、(いや、最近でもありませんが)
特に平日にご来店いただくお客様からのお声で多いのが・・・


「レ・ドゥー・シャのお菓子は本当に美味しいんだけど・・・」

「もう少し小さくてもいいなぁ・・・(=小さくていいから買いやすくなったら嬉しいな・・・)」

「タルトはカットするのが難しい・・・(=一人分サイズがもう少し小さければ、カットしなくて済むので助かる・・・)」


といった控えめなリクエストflair

(皆様、なかなかはっきりとは言いづらいですよね(笑) ワタシも日本人ですので、よくわかりますwink
今日はパティシエールが皆様の心のお声を勝手に代弁させていただいております)





わかりました!

それでは今週は、木曜・金曜限定で、こちらを作らせていただきますshine






160914_chocolat_nois

shine「タルトレット・ショコラ・ノワ」(tartelettes au chocolat et aux nois)shine


レドゥーシャの歴代タルトで人気1,2をあらそう「フランス産ショコラとナッツのタルト」
丸いタルトレットバージョンです!

※タルトレットとは・・・「小さなタルト」という意味のフランス語です

※ちなみに2016年、人気1、2をあらそったもう一つのタルトがお分かりになる方は
  かなりのレドゥーシャ通ですねbleah





レドゥーシャのブログ・SNSをいつもご覧いただいている皆様にはおなじみかもしれませんが
フランスの高級ショコラメーカーとして有名なヴァローナ社(Valrhona)のショコラを100%使用し、

アーモンド・ヘーゼルナッツ・くるみ・ピスタチオといった4種類のナッツを散りばめた
濃厚で香ばしいタルト(タルトレット)です






この丸いタイプのタルトレットは、母の日やハロウィンなど特別なイベントごとの時の
焼き菓子セット用にお作りすることが多いのですが、


「お皿やフォークを出さなくてもいいから、おやつに食べやすい!」

「丸い方が、食べる時に中身がこぼれにくくて食べやすい!」

(カット販売しているものだと、断面がむき出しになっているからですね)

といったお声を頂戴しており、実は以前から隠れた人気の一品だったのです(笑)






気になるお値段ですが・・・

セット販売の際は、1個420円(+税)としてお作りしてきましたが
今回は今までと違って袋詰めなし(焼きっぱなし)でお出しするなど、省けるものを省きますので
1個390(+税)でご提供できればと思います♪







150919_fb

↑通常のタルトが1カット498円(+税)ですので、
かなりお買い求めやすいのではないでしょうかflair
※土曜日はこちらをご用意させていただきます!

皆様、お忙しい毎日かと思いますが、よろしければこの機会に
是非レドゥーシャまで足を伸ばしてみてくださいねhappy01





<その他お菓子情報>






170201_financiers_alorange

shine「フィナンシェ・オランジュ」(financiers à l'orange française)shine

レドゥーシャの看板お菓子、人気ナンバーワンの「焼きたてフィナンシェ・フランセ」
の生地に
パティシエールが厳選したフランス産オレンジピールを絶妙に練り込んだ
爽やかな一品です。


皆様にご好評いただき、本当にありがとうございます!


この時期ショコラのお菓子ばかりでは飽きてしまう! という方にもオススメです(笑)

フィナンシェは、日本では袋詰めされてご贈答用として販売されることが多いのですが
レ・ドゥー・シャでは焼きたてで(袋詰めせずに)店頭に並べますので、
外側カリッ、中もっちりの食感をお楽しみいただけます。







161110_cannele_chocolat

shine「カヌレ・オ・ショコラ」(cannelés au chocolat français)shine

フィナンシェに次ぐ人気のお菓子「カヌレ・ド・ボルドー」
の生地に
フランス・ヴァローナ社の高級ショコラを溶かし込み、銅製の型でぱりっと焼き上げる
レドゥーシャのオリジナルカヌレです。


2月限定でお作りしているので、来週で終了させていただきます。

通常のカヌレと代わりばんこになるかも・・・と言っていたのですが
あまりに人気があるので、今週もお作りいたします(笑)

※先週、早い時間に売り切れてしまい、カヌレお目当てでご来店いただいたお客様をがっかりさせてしまいました。
人気のお菓子の売り切れは避けられないとは言え、申し訳ない気持ちでいっぱいsweat01
これに懲りずにまたご来店いただければ嬉しいです・・・!






160204_kouignamann_chocolat

shine「クイニアマン・オ・ショコラ」(kouign-amanns au chocolat)shine

こちらもカヌレ・オ・ショコラ同様2月限定のため、来週で終了の予定です。


※クイニアマンとは・・・フランス・ブルターニュ地方の郷土菓子で、クロワッサンのように層になったほんのり甘めの菓子パンです

パティシエールが色々試しましたが、やはり「これだ!」と思う
ヴァンホーテンのココア・・・

そんな高品質のココアをフランス産発酵バター・フランス産小麦の粉で作る生地に練り込み、
更に、(本日ご紹介したタルトレットにも使用している)
フランス・ヴァローナ社の高級ショコラを随所に散りばめた
レドゥーシャオリジナルのクイニアマンです!


「(カフェでお出ししている)スペシャルティ珈琲にとても合う!」

「珈琲に合うように作っているんですか?」


というお声を複数いただいている、他のお店では(似たようなものでも)食べられないと思われるお菓子です。

皆様、是非今のうちにお楽しみいただければ嬉しいです♪



 

最後に・・・





170215_sables

shine「レ・ドゥー・シャ オリジナルサブレ」(sablés originaux à la façon des Deux Chats)shine


決して派手な存在ではありませんが、レドゥーシャの基本の味を一番ダイレクトに味わえるのがこちら

※サブレとは・・・フランス語でクッキーのことです

実はあえて告知していませんでしたが、先週より通常1個160円(+税)のところ
期間限定で、2個入250(+税)で販売させていただいております♪

お友達へのちょっとした手土産、プレゼントのお返し、お礼などに重宝されているようで
嬉しい限りです。

よろしければ是非お手に取ってみてくださいねflair





長くなりましたが、これにて本日の記事は終了です(笑)

パティシエールはこれから仕込みの続きに戻らせていただきますwink

今週も木曜~土曜までの3日間、皆様にお会いできるのを楽しみにしておりますnotes






============================================

今日も最後までご覧いただきありがとうございましたshine
更新の励みになりますので
よろしければポチッと2箇所クリックお願いいたしますconfident
(ランキングサイトにジャンプします)

いつも応援いただき、本当にありがとうございます!!


人気ブログランキングへ ←コレと

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ ←コレ♪

2017年2月 6日 (月)

2017バレンタインBOX限定販売いたします【終了しました】

【お知らせ】

ハンドメイド通販サイト「Creema(クリーマ)」のメールマガジンに

レドゥーシャの「バレンタインスペシャルBOX」がピックアップされました!

よろしければ、以下のリンクよりご覧くださいませ^^

---------------------------------------------------------
メルマガタイトル「バレンタインに嬉しい こだわりスイーツ&フード」
メルマガURL:
https://www.creema.jp/mailmagazine/2017020803.html
---------------------------------------------------------

※下の方ですが、ちゃんと載っています!(笑)





--------------------------
(ここからが本文です)




Bonjour à tous !! (皆様こんにちは!!)

レ・ドゥー・シャのパティシエールSonoですwink

大変お待たせいたしました・・・

先日からブログ、FacebookなどのSNS、
地域情報誌「ショッパー」で告知させていただいておりましたが、

「2017バレンタインスペシャルBOX」の内容がついに決定しました!!







170206_stvalentin03

(左上から時計回りに)

1. プチ・タルトレット・ショコラ・ノワ(petite tartelette au chocolat et aux nois)shine

レ・ドゥー・シャの大人気タルト「タルト・ショコラ・ノワ」がプチサイズになりました!
フランス・ヴァローナ社の高級ショコラ、ヴァンホーテン社の高級ココア100%!
アーモンド・ヘーゼルナッツ・くるみ・ピスタチオを散りばめた
香ばしいタルトレットです。
昨年よりもナッツの量を増やし、更にタルト生地もショコラ生地に変更し
こだわりぬきました!


2. フランス風 プチ・ブラウニー・オランジュ(petit "brownie" à l'orange à la française)shine

パティシエールがパリの学校で習ったルセットがあまりに美味だったため
アレンジなしで、そのまま再現しています(笑)
こちらもヴァローナのショコラとヴァンホーテンのココアのみを使用した
とっておきの一品です。
今年はパティシエールが厳選したフランス産オレンジのコンフィ(オレンジピール)をプラスし
濃厚な中にも爽やかさが感じられるチョコレートケーキに仕上げます。
「プチカヌレ型」を使うのがレドゥーシャ風です^^
このフランス風ブラウニーはバレンタイン限定です! 年に1度しか作りません(笑)


3. プチ・サブレ・ブルトン・ショコラ(petit sablé breton au chocolat)

レ・ドゥー・シャで年間を通して人気のお菓子「サブレ・ブルトン」(=ガレット・ブルトンヌ)が
プチサイズのショコラ味で登場です!
サブレ・ブルトンはフランス北西部ブルターニュの地方菓子ですが
ブルターニュの中でも、地域によって、家庭によって色々なルセットがあります
(アーモンドパウダーが入るもの入らないもの、表面に格子模様をつけるものつけないもの、など)
レ・ドゥー・シャでは「アーモンドパウダー入り・格子模様つき」のタイプで常にお作りしています。
今回のショコラ生地は、ヴァンホーテンのココアを練りこむだけででなく
ヴァローナのショコラを溶かし込んでいるため、
小さくても深みのある、他ではなかなか食べられないブルトンではないかと♪
本場ブルターニュの「ゲランドの塩」も絶妙に効いております^^


4. アマンド・ショコラ・ココア/抹茶
(amandes au chocolat saupoudrées de cacao en poudre et de thé vert mâtcha en poudre)


レ・ドゥー・シャ初登場!
フランス産発酵バターを使って香ばしくキャラメリゼしたアーモンドに
ヴァローナのショコラをたっぷりとからめ、
仕上げにヴァンホーテンのココア、伊勢神宮御用達「芳翠園」の高級抹茶をまとわせます。
ココアと抹茶には甘みをつけていませんので
その分、中のショコラは他のお菓子よりもほんのり甘めに仕上げてあります。
貴重な芳翠園の抹茶をアマンド・ショコラに使う店はほとんどないと思われるので
抹茶にこだわる方にもぜひお試しいただきたい一品です。


5. "2匹の猫"サブレ・ショコラ(sablés au chocolat "des deux chats")

「レ・ドゥー・シャ」とはフランス語で「2匹の猫(les deux chats)」。
パリでの修業時代、ホームステイ先で飼われていてパティシエールを癒してくれた
2匹の猫「ルナ(Luna)」と「グリシャ(Grichat)」に由来しています。
「今度は私達が誰かにとっての癒しになれたら」という思いを胸に、
2014年10月にお店をオープンしました。
そんな初心を忘れないように・・・
今年は2匹の猫のサブレをバレンタインBOXに入れさせていただくことにしました。
2つともヴァンホーテンのココア入りのショコラ生地で、
仕上げに、1つはココアパウダー、もう1つは粉砂糖を使っています。
シンプルで飽きのこない、レドゥーシャのサブレをお楽しみください。


6. プチ・フロランタン・ショコラ(petit florentin au chocolat)

パティシエールの気まぐれで、気が向いた時にしか作らないフロランタン(笑)
たまにお作りすると大人気で、あっという間に売り切れてしまうレアな一品です。
レ・ドゥー・シャのフロランタンの特徴は、
底のサブレ生地にも表面のキャラメルにもフランス産発酵バターを使うこと、
キャラメル部分が多いこと(当社調べ)、
それからレーズン、オレンジなどのドライフルーツ類を使わないこと・・・
→使っちゃいけないわけではないです、むしろ本場では使いますが、
フロランタンに関しては、レドゥーシャでは純粋にスライスアーモンドのカリカリ感と
サブレ生地のサクサク感だけで勝負したい!
そんなパティシエールのこだわりのフロランタンを
バレンタインにちなみ、ヴァンホーテンのココア生地で、甘すぎない大人の味に仕上げます。






170206_stvalentin02_2

フランス焼き菓子店であるレドゥーシャならではの、
フランスのエスプリがたっぷり、宝石のようなお菓子たちshine

パッケージは今年はフランス語入りのものを選びました^^

十字に結ぶ赤いリボンは心を込めたギフトの証♪

大切な方へのプレゼントにはもちろん、
普段がんばっているご自分へのご褒美にも、是非いかがでしょうか?

※スイーツ好きの男性のお客様もお待ちしております!






「2017バレンタインスペシャルBOX」は、1980円(+税)で販売いたします。

25セット限定、2/9(木)~12(日)の4日間限定です!

※ご予約優先とさせていただきます。

※ご予約はお電話、メール(infolesdeuxchats@gmail.com)、Facebook・Instagramのメッセージから承ります。

※ご予約の際は、

・お名前(フルネーム、ふりがな)
・セット数
・お受取日時
・当日連絡の取れるお電話番号


をお知らせください。


※店頭、通販サイト「Creema(クリーマ)」でも一部販売いたします。
2/7追記:クリーマに出品いたしました!以下のリンクよりご覧ください↓
https://www.creema.jp/item/3474647/detail

※都合により、予告なく中身・パッケージを変更させていただく場合がございます。

※売り切れました。皆様、ありがとうございました!!






それでは今週は木曜~日曜までの4日間、皆様にお会いできるのを楽しみにしております!!






============================================

今日もご覧いただきありがとうございましたshine
更新の励みになりますので
よろしければポチッと2箇所クリックお願いいたしますconfident
(ランキングサイトにジャンプします)

いつも応援いただき、本当にありがとうございます!!


人気ブログランキングへ ←コレと

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ ←コレ♪

2017年2月 1日 (水)

2月限定クイニアマン!

【お知らせ】

レ・ドゥー・シャでは製造スタッフを募集しております。

170201
※受付時間:
(月)~(土) 10:30 ~19:00 
(仕込、接客のため出られない場合がございます
ので何卒ご了承ください。

※2/1追記:内容を一部変更させていただきました。


ご興味のある方、お気軽にお声をおかけください♪
どうぞよろしくお願いいたします(*^_^*)





-----------------------
(ここからが本文です)

Bonjour !! レ・ドゥー・シャのパティシエールSonoですwink

2月、パティスリー・ショコラトリーが大変忙しい時期がやってきました!
(本当はその前から忙しいのですが!)

レドゥーシャもたくさんのお客様に来ていただけるよう、日々仕込みをがんばっておりますflair

さて、今週からはこちらの限定焼き菓子をお作りいたします↓↓





160204_kouignamann_chocolat

shine「クイニアマン・オ・ショコラ」(kouign-amann au chocolat français)shine

このブログをご覧いただいている多くの皆様にはお馴染みかと思いますが
クイニアマンとは、クロワッサンのように層になった、
フランス北西部ブルターニュ地方のほんのり甘めのお菓子(菓子パン)です

※ちなみに先週土曜日、売るものがなくなってしまいsweat01急遽こちらをお作りしたので、
店頭で既にご覧になった方もいらっしゃると思います





大西洋に面したブルターニュ地方では、昔から塩の生産が盛んでした

酪農も盛んであることから、自然と塩入りのバター(有塩バター)が一般的になったようです

そんなわけでブルターニュでは、クイニアマンは有塩バターで作るのが普通ですが
レ・ドゥー・シャでは本場ブルターニュの「ゲランドの塩」フランス産発酵バターに練り込むことで
本場の味に可能な限り近付けておりますflair





フランス菓子の歴史を調べていると、よく出てくるのが
「失敗したと思ったが、思い切ってお客さんに出してみたところ大好評となり・・・」
という文章✩

このクイニアマンも、パティシエールがフランスで聞いたところでは

「ブルターニュのある小さなパン屋さんが、ある日うっかりあり得ない量のバターを生地に混ぜてしまった」

ことから生まれた、のだそうです。※諸説あります





失敗したと思っても、思い切って商品として出してしまう気軽さから
フランスという国の大らかさ、地方ならではの優しさを感じますwink
(こんなエピソードは、大抵都会から離れた小さなお店だったりしますね)

だからこそ、パリで学んでいながらも、ワタシは地方菓子が好きなのかもしれませんshine





今月お作りする「クイニアマン・オ・ショコラ」は、通常のクイニアマンと同様、

・フランス産発酵バター
・フランス産小麦の粉
・フランス・ブルターニュのゲランドの塩


を使用しつつ、
生地に(ワタシが世界最高級だと思っている)ヴァンホーテン社の純ココアパウダーをたっぷり練り込み・・・





・・・と、ここまでは昨年お作りしたものと同じで、このままでももちろん美味しいのですが、

さらに!

今年は最後の成形の段階で、フランス・ヴァローナ社の高級ショコラを追加することにしました!

これにより、味により深みが増し、「大人が楽しむショコラのクイニアマン」が完成しましたsign03


※甘すぎず、でもほんのり甘い、深みのあるショコラという意味です





お店ではできるだけこまめに焼き、
可能な限り焼きたてのものを店頭に並べられるよう努力しておりますが
それでもこの季節、お持ち帰りいただく間にどうしても冷たくなってしまうと思います。

もし可能でしたら、お召し上がりになる前にオーブントースターの弱モードで3分ほど、軽く温めていただければ
フランス産発酵バターとヴァローナのショコラが程良く溶けて
より焼きたての風味に近づくと思いますので
お手数でなければ、是非お試しいただければと思いますflair

※生地にまぶしているグラニュー糖が溶けて熱くなりますので
 やけどにはご注意ください・・・!






170215_kouignamann_chocolat

クイニアマン・オ・ショコラの断面です。

あまりぎゅーっと詰めず、ふんわりと空気の層を作ることで
「カリカリ、サクサク」の食感を実現しました☆

※2/15追記:やっと断面を撮影できたので、通常のものから画像を差し替えました!





パティシエールのこだわりがたくさん詰まった「クイニアマン・オ・ショコラ」
昨年よりバージョンアップしましたが、お値段は昨年と同じ!

1個398円(+税)でございますshine

他のお店にはない、レドゥーシャのオリジナルです✩

2月、特にショコラが食べたくなる時期に、多くの皆様に楽しんでいただければ嬉しいですshine





<その他お菓子情報>





170201_financiers_alorange

shine「フィナンシェ・オランジュ」(financiers à l'orange française)shine

レドゥーシャの看板お菓子、人気ナンバーワンの「焼きたてフィナンシェ・フランセ」の生地に
パティシエールが厳選したフランス産オレンジピールを絶妙に練り込んだ
爽やかな一品です

1月の途中からお作りしておりますが、想像以上に皆様にご好評いただき、本当にありがとうございます!

この時期ショコラのお菓子ばかりでは飽きてしまう! という方にもオススメです(笑)

焼きたてで(袋詰めせずに)店頭に並べますので、外側カリッ、中もっちりの食感を楽しんでいただければと思います♪





161110_cannele_chocolat

shine「カヌレ・オ・ショコラ」(cannelés au chocolat français)shine

今年初登場!

フィナンシェに次ぐ人気のお菓子「カヌレ・ド・ボルドー」の生地に
フランス・ヴァローナ社の高級ショコラを溶かし込み、銅製の型でぱりっと焼き上げる
レドゥーシャのオリジナルカヌレです

昨年の一時期、期間限定でお作りしたところ、あっという間に売り切れて驚いた記憶が・・・

久しぶりにお作りしますので、まだお召し上がりになったことのない方も
「あの時のアレ、食べたかった!」という方も、よろしければ是非♪

こちらもクイニアマン・オ・ショコラと同じく今月限定でお作りしますが
時々通常のカヌレと代わりばんこになるかもしれません。

確実に入手されたいお客様、お手数ですがご予約いただければ確実です♪





151010_chocolatnois_fb

shine「タルト・ショコラ・ノワ」(tarte au chocolat français et aux nois)shine

レドゥーシャで1,2を争う人気のタルトが再登場です♪

フランス・ヴァローナ社の高級ショコラ+ヴァンホーテン社の純ココアをたっぷり使った濃厚なクリームの上に
アーモンド・ヘーゼルナッツ・くるみ・ピスタチオを散りばめ
香ばしく焼き上げます

タルト生地にはもちろんいつものように、フランス産発酵バター+フランス産小麦の粉を使い
しっかりと長めに焼くことで、素材本来の風味を引き出します

※「タルト生地がおいしすぎるので、これだけを食べたい!」というリクエストを多くいただいたことから(笑)
そんな方向けに販売を始めたのが「サブレ・ナチュール」ですflair

1個(160円+税)からお買い求めいただけますので、
「ちょっと味見したい」という方はそちらも是非探してみてくださいね♪





今日も長い記事を最後までお読みいただき、本当にありがとうございました!

今週も木曜~土曜まで、皆様のお越しをお待ちしておりますlovely





============================================

今日もご覧いただきありがとうございましたshine
更新の励みになりますので
よろしければポチッと2箇所クリックお願いいたしますconfident
(ランキングサイトにジャンプします)

いつも応援いただき、本当にありがとうございます!!


人気ブログランキングへ ←コレと

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ ←コレ♪

2017年1月24日 (火)

パリ=ブレスト、いよいよ終了です

【お知らせ①】

レ・ドゥー・シャでは製造スタッフを募集しております。

170201
※2/1追記:条件を一部変更させていただきました。

※受付時間:
(月)~(土) 10:30 ~19:00 
※仕込、接客のため出られない場合がございます
ので何卒ご了承ください。

よろしくお願いいたします(*^_^*)





-----------------------

【お知らせ②】


1月限定「ガレット・デ・ロワ」、ご予約は今週末(1/28(土))までですshine



170118_galettes_des_rois

手前は今年初登場の13cmサイズですが、厚みがあってそれなりにボリュームがあるので
皆様にご満足いただけているようで嬉しいです!

ご家族、お友達何名様かで分けられる方は、
15cm、または18cmサイズがよりお得ではあります(笑)

別添えのフェーヴは、「パティシエールにおまかせ」というお客様もかなりいらっしゃって
ワタシも楽しませていただいています^^




「ガレット・デ・ロワ」の詳細は、以下のリンクからブログ記事をご覧ください。

http://www.les-deux-chats.com/blog/2017/01/2017-1719.html

※人気のためお渡しまで少々お時間をいただいております
お急ぎの方はご相談ください✩





--------------------
(ここからが本文です)

Bonjour !! レ・ドゥー・シャのパティシエールSonoですwink

タイトルにあります通り、いよいよ今週でこちらのお菓子が終了いたします↓↓





151217_parisbrest_blog


shine「フランス直伝 パリ=ブレスト」(Paris=Brest à la française)shine

焼き菓子店のレドゥーシャが時々お作りする人気の生菓子ですheart04

※パリ=ブレストについて詳しくはこちらの記事をご覧ください↓

「魅惑のデセール、パリ=ブレスト」
http://www.les-deux-chats.com/blog/2017/01/post-491c.html




時に主力の焼き菓子より反響が大きく、複雑な気持ちになることもありましたが・・
そんなパティシエールの小さなこだわりはこの際どうでもいいですね!

ワタシは日本とフランスで「フランス菓子全般」を学んだのですから・・
焼き菓子も生菓子も、みんなワタシの可愛い子供達です!





本格的なパリ=ブレストを作るお店は少ないのでしょうか、
そんなこともないと思うのですが、とにかくびっくりするほど人気があって

作るそばから売れてゆきます

皆様本当にありがとうございます!

シュー生地にも、中のクリーム(クレーム・ムースリーヌ・オ・プラリネ)にも
レドゥーシャだけのフランス産発酵バター・フランス産小麦の粉を使用しておりますので
「フランスの、あのパティスリーで食べたパリ=ブレスト」を思い出す方もいらっしゃるようです

加えて(何度も書いていますが)今年はプラリネもフランス産に変えましたので・・・
本当に、パティシエールの目指す味により近くなりましたnotes






151203_parisbrest_blog

土曜日にご購入されたいお客様が殺到する傾向にあり、
早めに売り切れる可能性がございます。

確実に手に入れたいお客様には事前のご予約をオススメしております。

お電話(042-683-0244)、ご予約専用メール(infolesdeuxchats@gmail.com)、Facebook、Instagramより受け付けておりますので
どうぞよろしくお願いいたします♪

※既にご予約くださいましたお客様、ありがとうございます!





<その他お菓子情報>





160626_financiers

レドゥーシャで人気ナンバーワンの看板お菓子、shine焼きたてフィナンシェshine

皆様いつもありがとうございます!

今週より期間限定で、入荷したばかりのフランス産オレンジピールを使った
shine「フィナンシェ・オランジュ」(financiers à l'orange)shineをお作りいたしますnote

フランス産発酵バター(A.O.P.)を絶妙に焦がして生地に使うフィナンシェ、
どちらかと言うと濃厚なこのお菓子に
オレンジの爽やかさをプラスした一品です

先日もお客様とお話しさせていただいたのですが
フランスのようにフィナンシェを焼きたてでご提供するお店はとても少ないようです

外側カリッ、中もっちりの、他ではなかなか食べられないフィナンシェを
皆様、よろしければ是非お試しくださいませ♪





170118_kouglofs_pepites_chocolat

shine「クグロフ・チョコチップ」(kouglofs aux petites de chocolat)shine

こちらはお菓子だけでなくパン好きのお客様にも人気の
フランス・アルザス地方の菓子パン(ヴィエノワズリー)ですflair

フランス・ヴァローナ社の高級ショコラをチョコチップ扱いするゼイタクさ!

クグロフは今週をもちましてしばらくお休みさせていただきます。

表面のスライスアーモンドのカリカリ感と、中のふんわり感のコントラストを
是非是非今のうちに楽しんでくださいね♪





他にもカヌレやケーク(パウンドケーキ)、エンガディナー、サブレなどもございますが
長くなりますのでこの辺で(笑)

それでは今週も木曜から土曜まで、皆様のお越しを心よりお待ちしておりますhappy02






============================================

今日もご覧いただきありがとうございましたshine
更新の励みになりますので
よろしければポチッと2箇所クリックお願いいたしますconfident
(ランキングサイトにジャンプします)

いつも応援いただき、本当にありがとうございます!!


人気ブログランキングへ ←コレと

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ ←コレ♪

2017年1月18日 (水)

大人気!くるみの「あのタルト」

【お知らせ】

1月限定「ガレット・デ・ロワ」、皆様にご好評いただきありがとうございます!


170118_galettes_des_rois

こちらは先週の画像ですshine とても良い色に焼けています!

手前は今年初登場の13cmサイズですが、厚みがあってそれなりにボリュームがあるので、皆様にご満足いただけているようで嬉しいです。

別添えのフェーヴは、「パティシエールにおまかせ」というお客様もかなりいらっしゃって
ワタシも楽しませていただいています^^




「ガレット・デ・ロワ」の詳細は、以下のリンクからブログ記事をご覧ください。

http://www.les-deux-chats.com/blog/2017/01/2017-1719.html

※人気のため、お渡しまで少々お時間いただいております。

※期間限定品のため、ご予約は1/28(土)で締め切らせていただきます。
 ご検討中の方は、どうぞお早めに・・・!




--------------------
(ここからが本文です)

Bonjour !! レ・ドゥー・シャのパティシエールSonoですwink

今週ピックアップするお菓子は・・・

常に品薄のため、めったにブログやSNSに登場しない、でも常連さんを中心にリピーターさんが多い、「あのお菓子」です!




150221_engadiner

shine「スイスのお菓子 エンガディナー」shine(engadiner nusstorte)

香ばしいアーモンド風味のタルト生地でくるみのヌガーを包み焼きにした、くるみの産地であるスイス東部のエンガディン地方のお菓子です






150205_engadiner

生地にはレドゥーシャならではのフランス産発酵バター、フランス産小麦の粉を使用、
中のヌガー(キャラメルのようなもの)にも同じフランス産発酵バターを使ったこだわりの一品ですflair

このお菓子はほとんど宣伝していないのですが、レドゥーシャの袋入りお菓子(サブレ、パウンドケーキなど)の中で常に一番人気なのです!





このお菓子を初めて知ったのは、最初に通った東京の製菓学校でした

ある日の授業内容がホールケーキのような、確か18cmサイズのエンガディナーで
授業では学生一人一人が一台ずつ作り、授業の最後の試食の時間には先生が作ったものを皆で分け合って食べました

まず、初めて食べるくるみのヌガーの美味しさに感動!

そして、タルト生地は(自分ならもうちょっとこうしたい)と思えるものでした(生意気ですね~笑)





授業の後、何度か自宅で作りましたが、どうもホールサイズというのが食べにくく、分けにくい・・・

例えば誰かにプレゼントする時、授業で作った丸いホールサイズや、四角い天板で大きく作り、それをあらかじめカットして袋詰めするという方法もあるのですが、
袋詰めの際に端の方が崩れたり、カットした面から美味しさが逃げていくような気がして、抵抗がありました(個人の感覚ですが・・・)

そこで、手間はかかるけれど、一人分の丸い形で作り、カットせずに袋詰めすればいいのでは? と思い立ち
ちょうど持っていた小さめの7-8cmのタルトレット型に合わせてタルト生地を型抜きし、
ヌガーは(これまたちょうど持っていた)小さめのセルクルに流して固めておき、
お一人分のサイズとして組み立てて焼いて友人・知人にプレゼントしたところ
これが大好評!

当時まだ素人でしたが、思いつきと偶然が重なり、思わぬ新製品が誕生したのでした

はっきり覚えていませんが、たぶんこれが10年ほど前の話です





その後、フランスに製菓留学したり、もうひとつ東京の製菓学校に通ったりして、2014年に正式にフランス焼き菓子店を始めることが決まった時、ワタシは少し悩みました

「エンガディナーどうしよう?」

「フランス焼き菓子店なのに、スイスのお菓子を作っていいのかな?」


でも、悩んだのは少しでした(笑)

その頃には友人・知人の間では既にエンガディナーはワタシの代表作のような存在になっていて、それに、偶然知り合うことのできたスイスの知人からも「これはスイスのより美味しい!」と言われたこともあり、
このエンガディナーを作らないという選択肢はすぐになくなったのでしたflair





思えばスイスはフランスのお隣、公用語の一つにフランス語があり、地域によって多少差があるものの、どこへ行ってもフランス語が通じる国です

フランスと縁の深いスイスのお菓子を、フランスの素材を使い、日本のお客様に喜んでいただけるなら、それはとてもいいことなのではないか・・・と勝手に思っております

このエンガディナーは、たぶんワタシにしか作れないと思います(笑)





・・・語りだすと止まらなくなるのでこの辺にしておきますがsweat01

レドゥーシャに立ち寄れば、例えその日のお目当てが他のお菓子だったとしても、必ずエンガディナーをひとつ、ふたつ、買ってくださるお客様が増えていて、本当に嬉しい限りです

小さく作ることで手間がかかるため、あまり量産できず、いつも品薄ですみませんが
もし見かけたら、初めての皆様も、是非お気軽にお手に取ってみてくださいねshine

※そう言えば先月、エンガディナー大好きとおっしゃる新規のお客様がわざわざご来店くださいました
その後お会いしていませんが、お口に合ったかな・・・♪





150531

パティシエールの思い出がたくさんつまった「スイスのお菓子 エンガディナー」
1個420円(+税)でございますshine

※スイスのことを思い出して、まだ一度しか行ったことがありませんが、また旅したくなりました!





<その他お菓子情報>





150516_financiers

レドゥーシャの看板お菓子shine「焼きたてフィナンシェ・フランセ」shine

皆様いつもありがとうございます! 今週ももちろんございますshine

フランス産の焦がしバターの豊かな風味を味わえるのはこのお菓子だけですので
まだお召し上がりになったことのないお客様も是非お試しください♪





160611_cannele_orange

フィナンシェに次ぐ人気のレドゥーシャの「カヌレ・ド・ボルドー」、
今週はフランス産オレンジピールを使ったshine「カヌレ・オランジュ」shineをお作りいたします

※見た目は変わりませんが、仕込段階からオレンジを加えて生地を寝かせ、焼く時に再度オレンジを追加します

以前一度だけお作りし、好評でしたので久々の登場です!





170118_kouglofs_pepites_chocolat

shine「クグロフ・チョコチップ」shineパン好きのお客様にも大好評!

レーズンが入らないのでお子様も食べやすいようですね^^

ワタシは1個ぺろりといただきますが(笑)ご家族で分けてもいいかもしれませんねnotes






170111_parisbrest_2

shine「フランス直伝 パリ=ブレスト」shine

焼き菓子店のレドゥーシャがまれにお作りする生菓子です

今年はアーモンドプラリネをフランス産に変更し、よりフランスの味に近くなったと思います
こちらは1月いっぱい(来週)で終了させていただきます





お菓子はまだまだありますが、長くなりますのでこの辺で・・・

今週も木曜~土曜まで、皆様のお越しをお待ちしておりますhappy02





============================================

今日もご覧いただきありがとうございましたshine
更新の励みになりますので
よろしければポチッと2箇所クリックお願いいたしますconfident
(ランキングサイトにジャンプします)

いつも応援いただき、本当にありがとうございます!!


人気ブログランキングへ ←コレと

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ ←コレ♪

2017年1月11日 (水)

期間限定!チョコチップクグロフ♪

【お知らせ】

1月限定「ガレット・デ・ロワ」ご予約受付中です!


150105_galette_des_rois

1週間以上前のご予約で5%OFFさせていただきます。

詳しくは以下のリンクから元日のブログ記事をご覧ください。

http://www.les-deux-chats.com/blog/2017/01/2017-1719.html

※人気のため少々お時間いただいておりますm(_ _)m




--------------------
(ここからが本文です)


Bonjour !! レ・ドゥー・シャのパティシエールSonoですwink

今週は、こちらのお菓子をお作りいたします↓↓





160109_kouglof_chocolat

shine「クグロフ・チョコチップ」shine(kouglofs aux pépites de chocolat)

先月からお作りしているフランス・アルザス地方のお菓子(菓子パン)クグロフ♪

皆様にご好評いただき、ありがとうございます!

クグロフがある間は、レドゥーシャはちょっとパン屋さんみたいで、気に入っています(笑)

元々はレーズンを入れるのが通常のクグロフですが、
今週は「フランス・ヴァローナ社」の高級ショコラを砕いて絶妙に混ぜ込み焼き上げます。

※昨年「クグロフ・オ・ショコラ」としてお作りしたものです
 訳あって名称変更しました!





アルザスに限らず、フランスは、あまり伝統的なお菓子をアレンジしないのですよね。

別にアレンジしてはいけないわけではありません、基本的には自由を愛するフランスですからアレンジするお店もありますが、主流ではないというか・・・

特に地方菓子の場合、「いつものあの味」を求めてお客様がいらっしゃる、ように感じます。

というわけで、レドゥーシャではアレンジしても、割と控えめ☆

クグロフは、レドゥーシャではフランス産発酵バター、フランス産小麦の粉100%で元々お作りしていますが
そこにヴァローナのショコラが入ると、ますますフランス度が増すので
たぶん日本在住のフランス人のお客様が来られたとしても、
きっと気に入っていただけるのではないかと・・・! 





お値段は1つ430円(+税)、ご家族2-3人で分けてもよし、または独り占めしてもいいのではないでしょうか!?

中身がレーズンだと食べられないお子様も、ショコラなら食べやすいかもしれませんねhappy02






<その他お菓子情報>




160626_financiers

shineレドゥーシャ看板お菓子「フィナンシェ・フランセ」(financiers français)shine

クグロフと同じ、フランス産発酵バター+フランス産小麦の粉100%!

色々なお菓子を作りますが、焼き菓子店を開いたパティシエールの原点と言えばやはりこのフィナンシェです。

独自の製法で外側カリッ、中はもっちりに仕上げます♪

今週ももちろん焼きたてをどうぞ!

※グルメなお客様へ:焼きたてフィナンシェの美味しいお店を見つけたら是非パティシエールに教えてください!





160626_canneles

shine「カヌレ・ド・ボルドー」(cannelés de Bordeaux)shine

銅型でぱりっと焼き上げる、ワインで有名なフランス・ボルドー地方のお菓子です。

先週もお客様とお話ししていたのですが、お店によってカヌレは(フィナンシェもですが)かなり食感や味が異なるようですね。

配合はもちろん、生地の寝かせ方や焼き時間、あと型の種類など、カヌレは材料がシンプルなだけに違いが出やすいのかもしれません。

今週は平日から通常サイズが復活しますので、「やっぱりカヌレはこのサイズじゃなくちゃ」とおっしゃるお客様、是非是非いらしてくださいね♪





170111_parisbrest

shine「フランス直伝 パリ=ブレスト」(paris brest à la parisienne)shine

今月限定でお作りしている、シュー生地とアーモンドプラリネクリームの生菓子です。

昨季同様にさっそく大好評で、本当に嬉しいです。

前回の記事(http://www.les-deux-chats.com/blog/2017/01/post-491c.html)で書きましたように、重要な材料のひとつであるアーモンドのプラリネを国産からフランス産に変えまして、(微妙な違いです。国産も美味しいのですが)
パティシエールが求める味に限りなく近くなりました。

それから先週書きそびれましたが、実はフランスのレシピよりこのプラリネの比率を高くしております(これはワタシの好み)
この味が皆様のお好みに合えば、嬉しいです!

そうそう、これも先週書ききれなかったのですが
パリ=ブレストはウン十年前、まだパティシエールじゃなかった頃、
ワタシが製菓学校の体験クラスで生まれて初めて作った本格的なフランス菓子なんです。

思えばお菓子初心者もいる体験レッスンでパリ=ブレストって結構難しいと思います。
フランス人シェフの指導の下、みんな無我夢中でつくっていたような・・・

こうして今でも懐かしく思い出せる、パティシエールの思い出のお菓子なのです。





※17:43追記:「クイニアマン・オ・ザマンド」は人気のため製造が追いついておりません。
  ただいまご予約制にて受け付けております。
  恐れ入りますが何卒ご了承くださいm(_ _)m





それでは今週も木曜~土曜まで、皆様のお越しを心よりお待ちしておりますconfident

============================================

今日もご覧いただきありがとうございましたshine
更新の励みになりますので
よろしければポチッと2箇所クリックお願いいたしますconfident
(ランキングサイトにジャンプします)

いつも応援いただき、本当にありがとうございます!!


人気ブログランキングへ ←コレと

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ ←コレ♪

2017年1月 5日 (木)

魅惑のデセール、パリ=ブレスト

【お知らせ】

1月限定「ガレット・デ・ロワ」ご予約受付中です!


150105_galette_des_rois

1週間以上前のご予約で5%OFFさせていただきます。

詳しくは以下のリンクから元日のブログ記事をご覧ください。

http://www.les-deux-chats.com/blog/2017/01/2017-1719.html



--------------------
(ここからが本文です)


Bonjour !! レ・ドゥー・シャのパティシエールSonoですwink

本当は昨日(水曜日)アップしたかったのですが、諸事情で今日(木曜日)になりました

1/5(木)13時30分より、ファンの方待望の(!?)こちらのデセールを販売いたします!





151203_parisbrest_blog

shine「フランス直伝 パリ=ブレスト」(paris-brest)shine

19世紀にフランスのパリと地方都市ブレスト間で行われていた自転車レースにちなんで
パリのパティシエが最初に作ったと言われる、
シュー生地とアーモンドプラリネクリームのケーキです

この丸い形は自転車の車輪を模しているとのことです

アーモンドプラリネのクリームは、製菓用語では「クレーム・ムースリーヌ・オ・プラリネ」といって
当店の「フレジエ」をご存じの方にはお馴染みの、カスタードクリームに似たクリームに
アーモンドをキャラメリゼしたペーストを混ぜて作るとても濃厚なクリームです






151205_parisbrest_fb_2


フランス産発酵バター、フランス産小麦の粉で丁寧に作るレドゥーシャのシュー生地♪

画像では見えませんが、クリームの中にはもうひとつ、小さめのリング状のシュー生地があり
それがあることで濃厚なクリームがしつこくなく、ほどよい軽さでお口の中に入ります




このお菓子を初めてお店でお出ししたのは2015年の12月 。

「えっレドゥーシャさんこんなの作れるの!?」と思われたかどうかはわかりませんが
常連さんだけではなくご新規のお客様にもパリ=ブレストは大人気となり、
大変うれしかったのですが・・・

このお菓子は結構、かなり、手間がかかります汗

大袈裟に思われるかもしれませんが「心・技・体」がそろわないと作れません

フランス・日本問わず、多くのお店が棒状にしたり、中のシューを省いたりして効率化をはかるんですが
レドゥーシャはそれをしたくないんです。

形にも、構成にもそれぞれ意味がある!

だから省かないで、最初に作った人に敬意をはらってちゃんと作りたいんです。

※アレンジして出しているお店を批判しているわけではありません
  それはお店のシェフの考え方ですので・・・!





しかしそんなことを言っていると簡単に作れない・・・

ただでさえバタバタと忙しい12月にお出ししたことを後悔しました





それともうひとつ・・・

こういった生菓子は、スポンジやシューといった焼き菓子の部分よりも
むしろクリームを食べるお菓子、という面があると思うのですが
焼き菓子店であるレドゥーシャとして、ちょっとした葛藤があったのは事実です





「またお作りしようか、どうしようか・・・」

迷っている間に2016年はあっという間に過ぎ、最初にパリ=ブレストをお作りしてから約1年、
12月が近づいてきた頃・・・

何人ものお客様から

「Sonoさん!あのお菓子はそろそろ出るんですか!?」

とお声をかけていただきました

少なくとも12月はもう作る予定がないことをお話しした時の、皆様のがっかりされたお顔・・・





ワタシには衝撃でした。

パリ=ブレストは他のケーキ屋さんにもいくらでもある、それでもレドゥーシャの、しかも
3週間くらいしかお作りしなかったいわば幻のお菓子が
こんなに多くのお客様の心に残っていたとは・・・!!





・・・話が長くなりましたが、そんなわけで、多くのお客様がワタシに勇気を与えてくださいました!

2017年はきっとこのお菓子を作ろうと心に決め、常連さんへの年賀状にもその旨綴りました

そしてようやく実現することができました!

大量生産ができませんが、今月いっぱい、できる限りお作りしますので
ファンの方ならずとも、是非是非皆様楽しんでくださいね

※ちなみにプラリネを国産からフランス産に変更しましたので
よりパティシエールが目指す味になりました!
前回のものをご存じのお客様は是非思い出して、比べてみてくださいね

お値段は1つ680円(+税)でございますshine





それではこれから続きをお作りしますので御機嫌よう・・・!

今週も皆様にお会いできますように、お祈りしておりますconfident

============================================

今日もご覧いただきありがとうございましたshine
更新の励みになりますので
よろしければポチッと2箇所クリックお願いいたしますconfident
(ランキングサイトにジャンプします)

いつも応援いただき、本当にありがとうございます!!


人気ブログランキングへ ←コレと

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ ←コレ♪

2017年1月 4日 (水)

新春企画★プチカヌレ販売いたします

【お知らせ】

1月限定「ガレット・デ・ロワ」ご予約受付中です!


150105_galette_des_rois

1週間以上前のご予約で5%OFFさせていただきます。

詳しくは以下のリンクから元日のブログ記事をご覧ください。

http://www.les-deux-chats.com/blog/2017/01/2017-1719.html



--------------------
(ここからが本文です)


Bonjour !! レ・ドゥー・シャのパティシエールSonoですwink

新年は5日(木)より通常営業させていただきます!

2017年最初の営業なので、新春企画といたしまして・・・




160428_petitscanneles

久しぶりの「プチ・カヌレ」(petits cannelés)をお作りいたします!!

フランス南西部ボルドー地方のお菓子、「カヌレ・ド・ボルドー」
レ・ドゥー・シャでは看板お菓子「フィナンシェ・フランセ」に次ぐ人気のお菓子ですshine

ファンの方が大変多く、いつも感謝しております

ただ、

「ちょっとだけ食べたい!(普通のサイズだと大きすぎる)」

「家族全員分買いたい!(普通のサイズだとそれができない)」


というお声があるのも確かです(笑)

というわけで、いつものカヌレをプチサイズの型で焼きまして
お値段もお得に、1個100円(+税)で!ご提供させていただきます

※「プチ・カヌレ」は5日(木)・6日(金)の2日間限定とさせていただきます!

プチ・カヌレファンの皆様、初めての皆様も、是非お楽しみくださいませshine





<↓その他お菓子情報↓>





160626_financiers

レドゥーシャ1番人気の看板お菓子shine「フィナンシェ・フランセ」(financiers français)shine

「マロンも良かったけど、プレーンがやっぱり好き!」というお声を多くいただいておりますので
今週は久しぶりにプレーンをお作りいたします♪

フランス産発酵バター+フランス産小麦の粉100%で、しかも焼きたてでフィナンシェをご提供するお店はなかなかないでしょう(笑)

外側カリッ、中もっちりの、パティシエールこだわりの極上フィナンシェを
是非是非ご堪能くださいませflair







151211_kouglof_blog

shine「アルザス直伝 クグロフ」(kouglofs à l'alsacienne)shine

ありそうでなさそうな、フランス・アルザス地方の菓子パン、クグロフ♪

「初めて食べたけどすごく美味しい!」
「カリッとしてるかと思ったらふんわりしていて、食感が楽しい!」


などのお声をたくさんいただき、本当にありがとうございます!

先月はサルタナ・レーズン入りのクグロフを限定でお作りいたしましたが
今月はどんな味にするか、実は現時点でまだ決めておりません(笑)

他にも色々なお菓子をお作りしますので、もしよろしければ、明日(5日)以降のFacebook、Instagram、Twitterでご確認くださいますようお願いいたしますflair





それでは今週も木曜~土曜まで、皆様のお越しをお待ちしておりますheart04


============================================

今日もご覧いただきありがとうございましたshine
更新の励みになりますので
よろしければポチッと2箇所クリックお願いいたしますconfident
(ランキングサイトにジャンプします)

いつも応援いただき、本当にありがとうございます!!


人気ブログランキングへ ←コレと

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ ←コレ♪

2017年1月 1日 (日)

2017ガレット・デ・ロワご予約受付開始しました!

【お知らせ】

「ガレット・デ・ロワ」は通販でもお求めいただけます!

詳しくは以下のリンクよりご覧ください。

18cmサイズ→ https://www.creema.jp/item/3296383/detail
15cmサイズ→ https://www.creema.jp/item/3299242/detail
13cmサイズ→ https://www.creema.jp/item/3299302/detail

ハンドメイド通販サイト「クリーマ(Creema)」はクレジットカード・コンビニ払いが可能です★

「遠くてお店に行けない」というお客様、是非ご利用いただければ幸いですwink




--------------------

(ここからが本文です)

Bonne année 2017 !!
皆様、明けましておめでとうございますshine
八王子みなみ野「レ・ドゥー・シャ」パティシエールSonoですhappy01
2017年も美味しいお菓子を張り切って作りますので
どうぞよろしくお願いいたします!





20150105_072314_863_2

1月のフランス焼き菓子と言えば、shine「ガレット・デ・ロワ(galette des rois)」shine
今年もご予約を開始しました!

日本でもかなり有名になりましたので、ご存じの方も多いと思いますが
フランスでは元々1月6日の公現節(エピファニー)に食べる習慣のある
アーモンドクリームが入ったパイですshine
現在では1月いっぱい販売するお店が多いですね。
色んなお店のものを一度に買い集めて「ガレット・デ・ロワパーティー」をする人もいらっしゃるようですねhappy02






20150105_094543_850

ガレット・デ・ロワの模様は、太陽、麦など自然をモチーフにしたものが伝統で
私は毎年「月桂樹」の模様を描いておりますwink
※模様は先の細いナイフで繊細に入れていきます

当店ではいつものように、
フランス・ノルマンディー産の発酵バターと
小麦本来の味が楽しめる、フランス産小麦を表皮近くまで挽いた粉を使い
パイ生地も、中のアーモンドクリームも、他では味わえない豊かな風味に焼き上げますshine





ガレット・デ・ロワには、お菓子そのものの美味しさの他にも楽しみが♪

フランスでは、ガレット・デ・ロワには陶器でできた「フェーヴfèves」という小さな飾りを入れます。
カットする人はナイフの上から布巾をかぶせるなどして、中が見えないようにカットし、皆で分けます。
自分のガレットの中からフェーヴが出てきた人は王様、または女王様となり、金色の紙の王冠をかぶせてもらい、皆から祝福されますcrownshine
その人はこの1年、きっと幸運に恵まれることでしょう!





毎年集めているコレクターの方も多いフェーヴ♪
いつも大好評の当店のフェーヴですが、
今年もパティシエールがよりすぐりのものをご用意しましたheart04↓↓






170101_feves02
170101_feves03
170101_feves04

今年は昨年より増やし、まずは15種類!
パティシエールこだわりの、ひとつひとつフランスで手作りされたフェーヴです!
※画像はクリックで大きくなります





更に上から♪↓↓

170101_feves05
170101_feves06
170101_feves07

今回、ちょうどクリスマスにお作りした「フレジエ」と「ビュッシュ」のフェーヴがありましたので
お出ししてみました!(デザインは違いますが!)

その他、いちごのデセール・コンフィチュール・ジュース・本、マカロン、
ジンジャークッキー、お菓子の家、エッフェル塔、パン・デピスを頬張る女の子、
ローズのアントルメ、珈琲とサブレのセットshine

皆様のお好みのフェーヴはありますでしょうか?^_^
※ガレットをたくさん作るお店ですとフェーヴはほぼお店のお任せになると思いますが
 レ・ドゥー・シャではお客様のご希望をお伺いいたします
 (ご希望に沿えない場合はご容赦ください)





フェーヴは毎年パティシエールが気に入ったものだけを選んで仕入れているので
個人的にはずっとコレクションしておきたいくらいなのですが・・・
(「コレクションの中からセレクトしてお出ししている」という感覚(笑))

そうは言っても、こんなに可愛い子たちを独り占めするのはもったいない!
皆様に喜んでいただけるなら、その方がずっといいのですbleah





※フェーヴは、本来はガレットの中に入れて焼くものですが
当店では誤飲やお怪我などを避けるため、代わりにアーモンドを1粒入れて焼き
フェーヴは別添えにさせていただきますconfident

※ですので「アーモンド」が入っていた方が、王様です!
  その方にフェーヴを差し上げてください♪



当店のガレット・デ・ロワは作り置きをせず、完全ご予約制で、
お客様お一人お一人のために心を込めて作らせていただきますheart02

フランス産の高品質の材料を使うことと、一つ一つ手折りで(機械を使わずに)作るため
色々とハードルが高かったのですが・・・

今年は色々と工夫しまして、少しですがお得にお買い求めいただけるよう
お値段を変更させていただきました!

直径約18cm(5~8名様)・・・3800円(+税)→→ 3780円(+税)
直径約15cm(3~4名様)・・・3500円(+税)→→ 3280円(+税)
NEW!! 直径約13cm(1~2名様)→→→→→→ 2780円(+税)


※お受け取り1週間以上前にご予約いただけるお客様には、
上記金額から更に
5%OFFさせていただきます!
(
既にご予約いただいているお客様にも適用させていただきます)




☆ご予約の際は・・・

・お客様のお名前(フルネーム)、
・ガレットのサイズ、
・ご希望のフェーヴの番号(第1・2・3希望まで)、
・お受け取りの日時、
・当日連絡の取れるお電話番号をお知らせください。


お電話042-683-0244、メールinfolesdeuxchats@gmail.com
当店のFacebook・Instagramのメッセージ、または営業日は店頭でも受け付けております!

※ただいまご予約が大変多くなっており、今からですとお受取は1/19(木)以降になりますm(_ _)m※1/6現在
※お受取は木・金・土の営業時間内でお願いしておりますが、難しい場合はご相談ください。
※工場製品と違い、一つ一つ模様や膨らみ加減が異なりますが、何卒ご了承ください。
※ガレットは当日中にオーブントースターで温めてお召し上がりください。





フェーヴは手作りの1点ものですので、お早めに・・・!
今月限定のフランスならではの焼き菓子、皆様からのご予約をお待ちしておりますhappy02





============================================

今日もご覧いただきありがとうございましたshine
更新の励みになりますので
よろしければポチッと2箇所クリックお願いいたしますconfident
(ランキングサイトにジャンプします)

いつも応援いただき、本当にありがとうございます!!


人気ブログランキングへ ←コレと

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ ←コレ♪

2016年12月28日 (水)

29日が今年最後の営業日です!

Bonjour !! レ・ドゥー・シャのパティシエールSonoですshine

明日29日は今年最後の営業日です!!




クリスマス期間、残念ながらお作りできなかったこちらの・・・





151211_kouglof_blog

shine「アルザス直伝 クグロフ」shine

復活いたします!

ブリオッシュに似た生地の中に、パティシエールこだわりのサルタナ・レーズンを入れ
本場アルザスの陶器型で焼き上げる
やさしい甘さの菓子パン(ヴィエノワズリー)です

もう何年も前ですが、尊敬する私の恩師(アルザス出身)に何十回も試食とアドバイスを繰り返してもらい
ついに商品化に至った、レ・ドゥー・シャでしか味わえないこと間違いないクグロフ・・・

「クグロフって聞いたことはあったけど食べるのは初めて!」
「こんな美味しいって知らなかった!」

などなど、驚きと喜びの声をたくさんいただき本当に嬉しいです

※お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが
このクグロフは上の方と下の方で食感がかなり違います!
どう違うのかは、是非実際に味わってみてくださいねflair

※クグロフは、フランスでは手でちぎって(フランス人は珈琲に浸けたりして)食べます
そのためレ・ドゥー・シャでもそのようにご案内しておりますが、
食べにくいとおっしゃる方にはナイフやフォークをお出しすることもできます
でも基本的にはパン(菓子パン)ですので、よかったら気軽にがぶりと!召し上がってくださいね★
グラニュー糖が散らばっても全然問題ありません!(笑)





それからこちらのお菓子・・・↓↓





161214_financiers_marrons

クリスマス期間、どうしても手が足りず、泣く泣くお休みさせていただいた
shine「季節限定フィナンシェ・マロン」shine

29日はお作りいたします!!

そして皆様にご愛顧いただきましたが、誠に勝手ながら明日で最終日とさせていただきますsweat01

「ほっくりと甘いフランス産マロンに癒される~」
「外カリカリがやっぱり大好き!」

などのお声をいただいております★

実は元々は秋限定のはずだったフィナンシェ・マロン、
こんなに皆様にご好評いただけて本当に本当に、感謝の気持ちしかありません!!





そしてもうひとつ、明日は今年最後の記念に・・・↓↓





160914_chocolat_nois_2

shine「フランス産ショコラとナッツのタルトレット」(タルトレット・ショコラ・ノワ)shine

フランス・ヴァローナ社のショコラのみでお作りする、4種類のナッツが香ばしい人気お菓子★

明日限定でお作りいたします!

通常のタルト・ショコラ・ノワ(をカットしたもの)より小振りで、
フォークを使わず気軽に食べられることと
袋詰めすればプレゼントにもしやすいせいか、
びっくりするほど今年皆様に大好評だったタルトレットです!

※オーブントースターで少し温めると、タルト生地がカリッとしてショコラが少しトロッとして
より風味が増しますので是非お試しを!!
詳しくは同封の説明書をご覧ください★





皆様、よろしければ是非今年最後にお楽しみくださいませ♪
※あまり数がないので確実に入手したいお客様はご予約をお願いいたします★






<クリスマスご報告>




23~25日の3日間、レ・ドゥー・シャのクリスマスケーキをご予約いただきました皆様
本当にありがとうございました~!!





161228_buche_de_noel02

こちらの予想を超える大人気となりましたshine「ビュッシュ・ド・ノエル・オ・キャラメル」shine

濃厚なビスキュイ・オ・ショコラ(スポンジ生地)の中に
甘すぎない大人向けのキャラメル風味のバヴァロワをたっぷり詰め込み
自家製のグラサージュ・オ・ショコラ(コーティングチョコレート)をかけ
ナッツと焼き菓子で飾り付けましたshine

※昨年は飾りに焼き菓子は使いませんでしたが、
今年は「フランス焼き菓子店のクリスマスケーキ」であることをちょこっとアピールしてみました(笑)




161228_fraisier_de_noel

想像通りの大人気だった、shine「フランスの定番 フレジエ」shine

パティシエール自慢のクレーム・ムースリーヌ(カスタードクリームに似た濃厚なクリーム)に
よりすぐりの新鮮な国産いちごを隙間なく敷き詰め、
アーモンドパウダーをたっぷり練り込んだジェノワーズ生地(スポンジ生地)ではさみ
フランス産フランボワーズのコンフィチュールで飾りましたshine

画像ではあまり見えませんが、こちらの飾りにも焼き菓子を使わせていただきました!





パティシエが一人(ワタシ)しかいない中で、
大量のクリスマスケーキを同時に作るのは毎年とても緊張しますが(笑)
オーナー、スタッフに支えられ、何とか全てのお客様に間違いなくお渡しすることができ
本当に心からホッとしましたnotes

※特にスタッフには苦労をかけました
本当にありがとう!!

※クリスマスケーキのために通常の焼き菓子をお待たせしてしまったお客様、
本当に申し訳ございませんでしたsweat01






パティスリーにとってはとても大変な時期ですが、
過ぎてしまえばあっという間のクリスマス・・・
喉元すぎればなんとやら!
来年はどんなクリスマスケーキをお作りしようか、今からワクワクしていますhappy02

以上、クリスマスのご報告でした♪






<お客様への感謝を込めて>

今年一年、本当にありがとうございましたshine

今年はアイスクリームやパフェ、「Creema(クリーマ)」での通販など新たな分野に挑戦し、
また初めてのイベント出店(八王子フードフェスティバル)もさせていただきました

今までレ・ドゥー・シャをご存知なかった方々にも知名度が広がり
お客様の幅が広がってきたのを感じております

来年は、また新たな挑戦をしようと思っております
より多くのお客様に、より高品質の珈琲、お菓子を楽しんでいただけるよう
オーナー、パティシエール、スタッフ一同努力いたしますので
来年もどうぞよろしくお願いいたしますconfident





それでは明日29日、今年最後の営業ですが
皆様のお越しをお待ちしておりますheart04

※ガレット・デ・ロワの詳細をお待ちのお客様、ただいま準備中です
もうしばらくお待ちくださいますようお願いいたしますm(_ _)m





============================================

今日も最後までご覧いただきありがとうございましたshine
更新の励みになりますので
よろしければポチッと2箇所クリックお願いいたしますconfident
(ランキングサイトにジャンプします)

いつも応援いただき、本当にありがとうございます!!


人気ブログランキングへ ←コレと

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ ←コレ♪

«Joyeux Noël !! メリークリスマス!!