2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2017年3月22日 (水)

桜と抹茶の共演♪

【お知らせ】

4月からレ・ドゥー・シャは日曜日の営業を始めます

木曜~日曜の
「週4日営業」に変わりますflair

今までなかなかお店に来られなかった方も、そうでない方も♪

よろしければ是非ご利用くださいませ^ ^ お待ちしております!!




----------------
(ここからが本文です)

Bonjour !! レ・ドゥー・シャのパティシエールSonoですwink

皆様、いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます!

さて、昨日(3/21)東京では全国に先駆けて桜の開花宣言がされました★

先週からお作りしているこちらのお菓子、今週ももちろんお作りいたします♪








160324_madeleines_sakura01

shine「桜のマドレーヌ」(madeleines au sakura)shine

毎年桜の季節にお作りしている、この時期ならではのマドレーヌです。

レドゥーシャがいつも使っている
「フランス産発酵バター」「フランス産小麦の粉」で仕込んだ生地に
「国産の桜の塩漬け」を絶妙に混ぜ込んで焼き上げる、こだわりの一品です。

桜の風味は、ごく淡く感じられるように調整しております^ ^




※マドレーヌは、本当は逆側がオモテじゃないの? とおっしゃる方はフランス菓子通ですね!
  時々、逆向きで(ぷっくりおなかを下にして)陳列することもございます^ ^






それからこちら・・・↓↓





170322_cake_sakura

shine「桜のマーブルケーキ」(cake marbré au sakura)shine

こちらはレドゥーシャ初!
パティシエールが厳選した国産の桜を使った桜あんを練り込んだ新製品です。

前述の国産の桜の塩漬けも少量使用しております^ ^

「このケーキのファンになりましたheart04」と言ってくださる方が複数いらっしゃって、嬉しいです!





そして更にこちら、先週の途中からお作りしております・・・





160608_kouign_matcha01

shine「抹茶の贅沢クイニアマン」(kouign-amanns au thé vert mâtcha)shine

伊勢神宮に毎年抹茶を献納している三重県の「芳翠園(ほうすいえん)」様ご提供の
有機肥料栽培のこだわりの抹茶
フランス産小麦・発酵バターの生地にたっぷり練り込み
パイ生地のように折り込んで焼き上げる
たぶんレドゥーシャしかお作りしないと思われるクイニアマンです(笑)

※クイニアマンとは・・・

フランス南西部ブルターニュの地方菓子で、ヴィエノワズリーと呼ばれる菓子パンの一種です。
クロワッサンのように層になっているのが特徴で、中は・・・↓↓





160608_kouign_matcha03

このような感じです^ ^

レドゥーシャならではの、ぎゅーっと詰めすぎない、空気を取り込んだ層がお分かりいただけますでしょうか・・・♪

このふんわりした層を作ることで、「カリカリサクサク」の食感が生まれるのですflair

※お客様から時々「これは中に何が入ったパンなの?」と聞かれるのですが、
フランスのパン、ヴィエノワズリーは、全体的に「生地そのものを楽しむ」ものが多い気がします^ ^

小麦を楽しむ食文化が、きっと根付いているのでしょうねshine







そんなレドゥーシャオリジナル「桜のマドレーヌ」は1個290円(+税)、
「桜のマーブルケーキ」は1切れ340円(+税)、
「抹茶の贅沢クイニアマン」は1個398円(+税)でご提供いたしますcherryblossom
clovershine

※桜のお菓子は、桜素材がなくなり次第終了させていただきます。

皆様、フランス大好きなレドゥーシャならではの、和素材を使ったフランス焼き菓子を
是非今のうちに楽しんでくださいね!






<その他お菓子情報>






170222_financiers_orange

shine「焼きたてフィナンシェ」(financiers tout frais à la française)shine

レドゥーシャの看板お菓子、人気ナンバーワンの「焼きたてフィナンシェ」shine


お店に来られて、どれにしようか迷ったら、まずはこちらをどうぞ^ ^


フィナンシェは、日本では袋詰めされてご贈答用として販売されることが多いのですが
レ・ドゥー・シャでは焼きたてを(袋詰めせずに)店頭に並べますので、
外側カリッ、中もっちりの食感をお楽しみいただけます。


※先週までお作りしていた「オランジュ」はお休みさせていただき、
新しいフレーバーをお作りする予定です(写真が撮れていないので、まだ内緒(笑))





160626_canneles

shine「カヌレ・ド・ボルドー
(cannelés de Bordeaux)shine

フィナンシェに次ぐ、レドゥーシャで人気のお菓子「カヌレ」は
熱伝導の良い銅製の型で焼き上げるため、外側がパリっ、中はクリーミーに仕上がります。

レドゥーシャのカヌレのファンでいてくださる方が多くて嬉しい限りです!

今週は根強い人気のバニラ風味(マダガスカル産バニラビーンズ使用)をお作りいたします^ ^








170322_parfait02

shine「自家製アイスクリームといちごのフレジエ風パフェ」shine
(parfait glacé aux fraises fait maison)


大好評につき、GWまで延長してお作りすることになりました

&付属の焼き菓子をリニューアルいたしました!!
(皆様に人気の「あのお菓子」も入ることになるかも・・・ただいま仕込み中ですsweat01)

自家製アイスは今週は定番のミルク、またはフランス産フランボワーズでお作りいたします。



※原材料の都合により、1日5食限定とさせていただきます。

※ご予約の方を除き、お昼12時~のご提供とさせていただきます。

※前日までにご予約いただいたお客様には、感謝を込めて
5%OFF価格にてご提供させていただきます!

ご予約はお電話、メール(infolesdeuxchats@gmail.com)、Facebook、Instagramのメッセージより可能です。
(フルネーム、お電話番号、大体のご来店時間をお知らせください)





他にもくるみのタルトレット「エンガディナー」、厚焼きクッキー「サブレ・ブルトン(ガレット・ブルトンヌ)、薄焼きクッキー「サブレ」、「ラム酒のフルーツケーキ」など、色々なお菓子がございますので
よろしければ店内をくまなくご覧になってくださいね!

それでは今週は木曜~土曜まで、皆様のお越しをお待ちしておりますheart04



【補足】
当ブログは毎週水曜日のみ更新しております。
木・金・土はFacebook、Instagram、Twitter(時々LINE)で新着情報をお届けしておりますので
よろしければ「レドゥーシャ」または「レ・ドゥー・シャ」で検索してみてくださいね♪

お得な情報をGETできるかも!?






============================================

今日も最後までご覧いただきありがとうございましたshine
更新の励みになりますので
よろしければポチッと2箇所クリックお願いいたしますconfident
(ランキングサイトにジャンプします)

いつも応援いただき、本当にありがとうございます!!


人気ブログランキングへ ←コレと

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ ←コレ♪

2017年3月15日 (水)

春を味わう焼き菓子たち♪

【お知らせ】

3/19(日)
は臨時営業いたします!

皆様のお越しをお待ちしておりますshine

4月からレ・ドゥー・シャは日曜日の営業を始めます

  木曜~日曜の
「週4日営業」に変わりますflair





----------------
(ここからが本文です)

Bonjour !! レ・ドゥー・シャのパティシエールSonoですwink

先週末(木~日)はたくさんのお客様にお越しいただきまして
本当にありがとうございました!

ホワイトデースペシャルセット、ギフトセット、お誕生日用タルトのご予約や
通販サイト「Creema(クリーマ)」からのご注文も多数いただき
心より御礼申し上げます★

上にも記載しました通り、今度の日曜(3/19)も臨時営業させていただきます。

三連休の真ん中の日ですが、もし日曜が都合のいいお客様がいらっしゃいましたら
よろしければ是非レドゥーシャまで足を伸ばしてみてくださいね♪





さて・・・「ホワイトデーの戦い」が無事終わり(笑)

今週からはこちらの焼き菓子をお作りいたします♪





160324_madeleines_sakura01

shine「桜のマドレーヌ」(madeleines au sakura)shine

毎年桜の季節にお作りしている、この時期ならではのマドレーヌです。

レドゥーシャがいつも使っている
「フランス産発酵バター」「フランス産小麦の粉」で仕込んだ生地に
「国産の桜の塩漬け」を絶妙に混ぜ込んで焼き上げる、こだわりの一品です。






それからこちら・・・↓↓





170315_cakesakura

shine「桜のマーブルケーキ」(cake marbré au sakura)shine

こちらはレドゥーシャ初!
パティシエールが厳選した国産の桜を使った桜あんを練り込んだ新製品です。

もちろんフランス産発酵バター・フランス産小麦の粉を使っていますが、
マドレーヌとはルセットが大分違うため、味わいや触感が異なる「似て非なるお菓子」ですflair






桜のパウンドケーキは昨年も「作らないんですか~?」とご要望があったのですが、
あえてお作りしなかったのは
「これは!」と思える桜あんに出会えなかったから・・・

でも今年は、品質・味ともに納得のいくものに出会えたので
初めてお作りできることになりました!






桜の焼き菓子はなかなか加減が難しく、桜を使いすぎるとしつこくなったり
和菓子にしか思えない味になったりしがちですが・・・

レドゥーシャはあくまでもフランス焼き菓子店ですので、
フランス産原材料の風味を損なわないよう十分注意して桜を使っておりますshine





ところで"SAKURA"は随分以前からフランスで有名な日本語で、
留学中、パリや地方都市を歩いていると、ふと桜の木に出会うことがありましたcherryblossom

近年では日本の桜を持ち込んで、期間限定の"OHANAMI"を開催することもあるようですね!





パティシエールは東京で店を開いておりますが、いつも心がけているのは
「なるべくフランスの材料を使い、
フランスで食べられるお菓子に近い味を日本のお客様にお届けする」
ということ・・・

今回の桜の焼き菓子二品は、ワタシの中のイメージとしては

「パリ留学中、学校にあるフランスのバターと小麦粉、そして日本から持ち込んだ桜の材料を使い
日本を恋しく思いながら作った和風のフランス焼き菓子」


・・・という感じですwink





でもお客様がどう感じられるか、それはもちろんお客様の自由です^ ^

いずれにしても、レドゥーシャの桜の焼き菓子、この時期に是非お楽しみいただければ嬉しいです!

「桜のマドレーヌ」は1個290円(+税)、「桜のパウンドケーキ」は1切れ340円(+税)でございます。

※桜材料がなくなり次第、終了させていただきますのでご了承ください。






<その他お菓子情報>





170201_financiers_alorange

shine「フィナンシェ・オランジュ」(financiers à l'orange française)shine

レドゥーシャの看板お菓子、人気ナンバーワンの「焼きたてフィナンシェ・フランセ」
の生地に
パティシエールが厳選したフランス産オレンジピールを絶妙に練り込んだ
爽やかな一品です。


お店に来られて、どれにしようか迷ったら、まずはこちらをどうぞ^ ^


フィナンシェは、日本では袋詰めされてご贈答用として販売されることが多いのですが
レ・ドゥー・シャでは焼きたてを(袋詰めせずに)店頭に並べますので、
外側カリッ、中もっちりの食感をお楽しみいただけます。


※この食感は、他ではなかなか味わうことはできないとのことです(by常連さん) ^ ^






160525_cannele_matcha

shine「カヌレ・オ・
抹茶」(cannelés au thé vert mâtcha)shine

今週限定!!

久しぶりに
伊勢神宮・御用達の高品質の抹茶を使った「カヌレ・オ・マッチャ」をお作りいたします!

フィナンシェに次ぐ、レドゥーシャで人気のお菓子「カヌレ」は
熱伝導の良い銅製の型で焼き上げるため、外側がパリっ、中はクリーミーに仕上がります。

レドゥーシャのカヌレのファンでいてくださる方が多くて嬉しい限りです!

※芳翠園さま、いつも素晴らしい抹茶をご提供くださりありがとうございます^ ^







161115_kouign_amandes

shine「クイニアマン・オ・ザマンド」(kouign-amanns aux amandes)shine


こちらは今週でいったん終了させていただきます!

クイニアマンはフランス・ブルターニュ地方の郷土菓子で、クロワッサンのように層状になった生地を楽しむ菓子パン(=viennoiserie ヴィエノワズリー)です。

「クイニアマン・オ・ザマンド」は、通常のクイニアマン同様、
本場ブルターニュの「ゲランドの塩」練り込んだ生地にフランス産発酵バターを折り込み、
さらに表面に香ばしいスライスアーモンドを散りばめて焼き上げる
レドゥーシャのオリジナルクイニアマンです。

クイニアマンは普通の製菓学校ではまず教えてくれません(笑)

パティシエールが現地のパティスリー・ブーランジュリーに通いつめ、
一番美味しい(=好み)と感じたお店のものに限りなく近くなるように独自に開発した
渾身の一品です。




170301_parfait_fraise01

shine「自家製アイスクリームといちごのフレジエ風パフェ」shine
(parfait glacé aux fraises fait maison)


大好評につき、4月まで延長してお作りすることになりました

自家製アイスは今週は定番のミルク、またはフランス産フランボワーズでお作りいたします。

※1日5食限定です。

※前日までにご予約いただいたお客様には、感謝を込めて
5%OFF価格にてご提供いたします!


ご予約はお電話、メール(infolesdeuxchats@gmail.com)、Facebook、Instagramのメッセージより可能です。
(念のためフルネーム、お電話番号、大体のご来店時間をお伺いいたします)

※パフェはご予約の方を除き、お昼12時~のご提供とさせていただきます。

※パティシエールのひとりごと※
先週、パフェ評論家のO様がご来店されたのですが、画像と共にTwitterで紹介してくださり本当に光栄でした。パフェの本を出版されているのですが、さっそく注文して昨日届いたので、今から拝見するのが楽しみです!(許可をいただけたらお名前を記載します。あ~今仕込みでバタバタしているのでゆっくり読めないのが残念!)






他にもエンガディナー、サブレ・ブルトン(厚焼きクッキー)、オリジナルサブレ(薄焼きクッキー)、フルーツケーキなど、色々なお菓子がございますので
よろしければ店内をくまなくご覧になってくださいね!

それでは今週は木曜~日曜まで、皆様のお越しをお待ちしておりますheart04






============================================

今日も最後までご覧いただきありがとうございましたshine
更新の励みになりますので
よろしければポチッと2箇所クリックお願いいたしますconfident
(ランキングサイトにジャンプします)

いつも応援いただき、本当にありがとうございます!!


人気ブログランキングへ ←コレと

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ ←コレ♪

2017年3月 8日 (水)

2017ホワイトデー限定セット販売いたします【終了しました】

【お知らせ】

3/12(日)・19(日)
は臨時営業いたします!

皆様のお越しをお待ちしておりますshine

※4月からレ・ドゥー・シャは日曜日の営業を始めます!

  木曜~日曜の週4日営業に変わりますflair





----------------
(ここからが本文です)

Bonjour !! レ・ドゥー・シャのパティシエールSonoですwink

皆様、来週14日のホワイトデーが近づいてきましたねshine

レドゥーシャではバレンタインに引き続き、ホワイトデー限定の焼き菓子セットをご用意いたします!





170308_whiteday01

shine「ホワイトデースペシャルセット」shine



(
左上から時計回りに)

1. プチケーク・桜

プチカヌレ型で焼く、レ・ドゥー・シャ初の桜のパウンドケーキです。
国産の桜を使った桜あん・桜の塩漬けを生地に程良く練り込んでしっとりと焼き上げ、仕上げに桜パウダーをまとわせるこだわりの一品です。
ホワイトデーセット限定品で


2. 
プチタルト・フランボワーズ
 

レドゥーシャで常に大人気なのがタルト。
そのタルトをホワイトデー用にプチサイズで2品お作りいたします。
1つ目はしっかりと空焼きした後にフランス産フランボワーズコンフィチュールを使ったアーモンドクリームを詰めて焼き上げ、仕上げにフランボワーズパウダーとピスタチオで飾った、春を思わせる爽やかなプチタルトです。
小さいだけに非常に手間のかかる一品です()

ホワイトデーセット限定品です

3. プチタルト・オランジュ

2つ目は、レドゥーシャで常に人気のフランス産オレンジピールをアーモンドクリームにしのばせ、パティシエールが厳選したオレンジのスライスを乗せて焼き上げるプチタルトです。
通常オレンジのスライスは焼かずにタルトに乗せて仕上げておりますが、今回のセットでは1口でお召し上がりいただきやすいよう、敢えて共焼きし、底生地・アーモンドクリームとの一体感を表現しております。
(オレンジのスライスを焼かずに仕上げるホールタルトも期間限定でお作りしております。詳しくはお問い合わせください♪)

4. プチサブレ・ブルトン

レドゥーシャで人気のフランス地方菓子「サブレ・ブルトン(ガレット・ブルトンヌ)」がプチサイズで登場です!
本場ブルターニュ地方の「ゲランドの塩」を使い、サクサク、ホロホロとした食感に焼き上げます。
サブレ・ブルトンは地域や家庭・お店によって色々なルセットがありますが、レドゥーシャではアーモンドパウダーをたっぷり使い、濃厚な風味に仕上げるのが特徴です。

5. "2匹の猫"サブレ

「レ・ドゥー・シャ」とはフランス語で「2匹の猫(les deux chats)」。
パリでの修業時代、ホームステイ先で飼われていてパティシエールを癒してくれた2匹の猫「ルナ(Luna)」と「グリシャ(Grichat)」に由来しています。
「今度は私達が誰かにとっての癒しになれたら」という思いを胸に、201410月にお店をオープンしました。そんな初心を忘れないように・・・2匹の猫のサブレをセットに入れさせていただくことにしました。
1つは「ナチュール」(粉砂糖をまぶしたプレーン)、もう1つは「ショコラ・ストロベリー」(ストロベリーパウダーをまぶしたチョコレート)です。
シンプルで飽きのこない、レドゥーシャのサブレをお楽しみください。

6.プチフロランタン "南仏風"

パティシエールの気まぐれでたまにしかお作りしないフロランタンですが、お作りする度にあっという間に売り切れてしまう隠れた人気のお菓子です。
今回は「春の南仏プロヴァンス」をイメージし、南仏産ローズマリーのはちみつ100%で作るアーモンドのキャラメルをレドゥーシャ自慢のサブレ生地に乗せ、香ばしく焼き上げます。
「とにかく、たっぷりと焼き込む」のが他とは違うレドゥーシャのフロランタンの大きな特徴です。

※ホワイトデーセット限定品です




170308_whiteday03

フランスのエスプリが効いたshine春ならではの爽やかな、
小さくて可愛い宝石のような焼き菓子(プチフール)たちshine

昨年は、こういったプチフールのセットはバレンタインしかお作りしなかったのですが
今年は多くのお客様から熱いリクエストをいただき、ホワイトデーバージョンもお作りすることができました!

(限定品多めです!)

バレンタインのお返しにはもちろん、お世話になっている方へのプレゼントや、
普段がんばっているご自分へのご褒美にも是非いかがでしょうかwink






「2017ホワイトデースペシャルセット」は、2000円(+税)で販売いたします。

20セット限定、3/9(木)~12(日)の4日間限定です!

※ご予約優先とさせていただきます。

※ご予約はお電話、メール(infolesdeuxchats@gmail.com)、Facebook・Instagramのメッセージから承ります。

※ご予約の際は、

・お名前(フルネーム)※ふりがなもお願いします
・セット数
・お受取日時
・当日連絡の取れるお電話番号


をお知らせください。


※店頭、通販サイト「Creema(クリーマ)」でも一部販売いたします。
クリーマに出品いたしました!以下のリンクよりご覧ください↓
https://www.creema.jp/item/3654080/detail

※都合により、予告なく中身・パッケージを変更させていただく場合がございます。

皆様、ご予約、お買い上げありがとうございました!
完売しましたm(_ _)m






それでは今週は木曜~日曜までの4日間、皆様にお会いできるのを楽しみにしております!!






============================================

今日もご覧いただきありがとうございましたshine
更新の励みになりますので
よろしければポチッと2箇所クリックお願いいたしますconfident
(ランキングサイトにジャンプします)

いつも応援いただき、本当にありがとうございます!!


人気ブログランキングへ ←コレと

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ ←コレ♪

2017年3月 1日 (水)

春の新作パフェ始めます※早割はじめました!

【重要な追記】(3/6up)

新作パフェにつきまして、前日までにご予約いただきましたお客様には、何と↓↓

shine定価より「5%OFF」させていただきます!!shine

※先週(3/2~4)、前日までにご予約の上ご来店いただいたお客様には
次回ご来店時にお菓子プレゼント等のサービスをさせていただきます.

※今週分(3/9~)を既にご予約済のお客様にも適用させていただきます.

ご予約のお手間をおかけする分、少しでも皆様にお返しができたらと思います★

どうぞよろしくお願いいたします!!



-----------------



【お知らせ】

4月からレ・ドゥー・シャは日曜日の営業を始めます!

木曜~日曜の週4日営業に変わります。

「日曜にお店が開いていたら行けるのに・・・」というお客様、よろしければ是非ご利用くださいませconfident

※3月は12日(日)・19日(日)のみ臨時営業いたします。




----------------
(ここからが本文です)

Bonjour !! レ・ドゥー・シャのパティシエールSonoですwink

まだまだ寒い日が続きますが、もう3月ですね♪

お店のフレンチガーデンやテラスの植物たちが、新芽やつぼみを付けていて

「あぁ、寒いけど、春はもうすぐそこまで来ているんだな」と感じています。

そんなわけで、3月はこちらの新作デセールをお作りいたします↓↓





170301_parfait_fraise02

shine「自家製アイスクリームといちごのフレジエ風パフェ」shine
(parfait glacé aux fraises fait maison)


冬の間お休みしていました、レドゥーシャ久々のパフェです!





気になる中身はと言いますと・・・↓↓

・アイスクリーム(生乳100%のミルク味)

・クレーム・パティシエール(新鮮な卵を使ったカスタードクリーム)

・国産いちご(画像は静岡産紅ほっぺです)

・クレーム・シャンティ(生乳100%の生クリーム+グラニュー糖)

・フランス産フランボワーズのジュレ

・サブレ・ナチュール(プレーンのクッキー)
※てっぺんの猫サブレのほか、中にも砕いたサブレが入っています

・ジェノワーズ(スポンジ生地)

・ピスタチオ


・・・いちご、ピスタチオを除き、全てが自家製です!





前にも少し書いたことがあるのですが、レ・ドゥー・シャでパフェをお出しする時に
気をつけていることがあります。

それは・・・

・必ず自家製の焼き菓子を使うこと
(レドゥーシャはフランス焼き菓子店ですので、市販のフレークなどは使いません)

・必ず自家製のアイスを使うこと(保存料を使いません)

・奇をてらったものにせず、オーソドックスでありながら、とびきり上質なものを目指すこと

この3点です。






そもそも昨年、最初にパフェを始めようと思った時、

「巷に多くのパフェが溢れるなか、レドゥーシャがパフェをお出しする意味はあるんだろうか」

と思わなかったと言えばうそになります。

でも、複数の常連さんから

(既にお出ししていた)レドゥーシャの自家製アイスはすごく美味しい!!」

「余計な味がしない!!」

「これでパフェを作ってくれたら絶対美味しいのに・・・」


というお声を頂戴し、

更に、

「パフェによく入っている『ホイップクリーム』が好きじゃない・・・」
※生クリームではない、植物性油脂を使った白いクリームのこと

「アイスが美味しくないと、パフェも美味しくない・・・」

などなど、様々なお声を伺ううちに、

「そうか・・・余計なものを使わずに、自然素材だけで手作りするパフェは、
意外と少ないのかもしれない」


と思うようになりました。





170301_parfait_fraise01

奇抜なものではなく、皆様がお口に入れてどこか「ホッ」とするような、

それでいて新鮮な高品質の材料を使ったとっておきのレ・ドゥー・シャのパフェshine

ちなみに今回の新作は、クリスマスにお作りして多くの皆様からご好評いただきました
「フランス直伝 フレジエ」というケーキをパフェにアレンジしたものです。

全く同じではなく、パフェ向けにクリームを少しだけ軽くしたり、色々と細かい工夫をしてありますflair

※いちごのケーキ「フレジエ」は、今月からご予約制でホールサイズの販売を始めます。

  詳しくは店頭にて!!






「自家製アイスクリームといちごのフレジエ風パフェ」は、今月限定でお作りする予定です。

原材料の都合で1日5食限定とさせていただきます。

お値段は\1680(+税)でご提供させていただきますshine





皆様、お忙しいことと思いますが、もしよろしければこの機会に是非レドゥーシャまで足を伸ばしてみてくださいねhappy02





※お電話、メール(infolesdeuxchats@gmail.com)、Facebook、Instagramよりご予約いただくことが可能です。
  ご予約の際にはフルネームとお電話番号をお伺いいたします。

※パフェの中身(アイスクリーム、クリーム、焼き菓子、ジュレなど)は
  時期により、予告なく変更させていただくことがございます。

※仕込みの都合上、パフェはご予約の方を除き、お昼12時~のご提供とさせていただきます。
  何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。






<その他お菓子情報>





170201_financiers_alorange

shine「フィナンシェ・オランジュ」(financiers à l'orange française)shine

レドゥーシャの看板お菓子、人気ナンバーワンの「焼きたてフィナンシェ・フランセ」
の生地に
パティシエールが厳選したフランス産オレンジピールを絶妙に練り込んだ
爽やかな一品です。


皆様にご好評いただき、本当にありがとうございます!


フィナンシェは、日本では袋詰めされてご贈答用として販売されることが多いのですが
レ・ドゥー・シャでは焼きたてで(袋詰めせずに)店頭に並べますので、
外側カリッ、中もっちりの食感をお楽しみいただけます。






160626_canneles

shine「カヌレ・ド・ボルドー」(cannelés de Bordeaux)shine

フィナンシェに次ぐ人気のお菓子「カヌレ・ド・ボルドー」。


熱伝導の良い銅製の型で焼き上げるため、外側がパリっ、中はクリーミーに仕上がります。


レドゥーシャのカヌレのファンでいてくださる方が多くて嬉しい限りです☆

今週は久しぶりに通常のバニラ風味をお作りいたします!







そして、まさに今一生懸命仕込みをしているのが・・・






170301_chaussons

shine「紅玉りんごのショーソン」(chaussons aux pommes "kogyoku")shine


ショーソン・オ・ポンムはフランスのブーランジュリーには必ずあると言って過言ではない、
フランス風のアップルパイです。

※ショーソン、ショソン・・・フランス語で室内履き、スリッパの意味です

「めちゃくちゃ久しぶり!!」と思われた方は、オープン当初からのお客様ですねshine

実は思いがけず紅玉りんごを入手できたので、なんと約1年4か月ぶりに、急遽お作りすることにしました!

しかし、う~ん、手間がかかる割に数が作れない(笑)

それでもやっぱり紅玉のコンポートが美味しいことと(個人の感想です)
ガレット・デ・ロワなどでレドゥーシャのパイ生地の品質は定評があるため、
やはり作らせていただこうと思います♪

※紅玉のコンポートにはシナモン、レモン、水を使用しておりません。
   フランス産発酵バター、砂糖、紅玉のみです。

※申し訳ありませんが、紅玉とパイ生地がなくなり次第終了させていただきます!!






他にもクイニアマン、エンガディナー、サブレ・ブルトン(厚焼きクッキー)、オリジナルサブレ(薄焼きクッキー)、パウンドケーキなど、色々なお菓子がございますので
よろしければ店内をくまなくご覧になってくださいね!

それでは今週も木曜~土曜まで、皆様のお越しをお待ちしておりますheart04






============================================

今日も最後までご覧いただきありがとうございましたshine
更新の励みになりますので
よろしければポチッと2箇所クリックお願いいたしますconfident
(ランキングサイトにジャンプします)

いつも応援いただき、本当にありがとうございます!!


人気ブログランキングへ ←コレと

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ ←コレ♪

2017年2月22日 (水)

ショコラショー、冬のお菓子が終了いたします

【お知らせ】

4月からレ・ドゥー・シャは日曜日の営業を始めます!

木曜~日曜の週4日営業に変わります。

「日曜にお店が開いていたら行けるのに・・・」というお客様、よろしければ是非ご利用くださいませconfident

※3月は12日(日)・19日(日)のみ臨時営業いたします。




----------------
(ここからが本文です)

Bonjour !! レ・ドゥー・シャのパティシエールSonoですwink

暖かくなったり、また寒くなったりを繰り返している東京ですが
寒さのピークは終わった感がありますねflair

ついこの前、年が明けたと思っていましたが、時の流れが早く感じられます・・・!

そんなわけで、冬の終わりと共に、今週をもっていくつかのお菓子・ドリンクが終了いたしますので
ざざっと掲載させていただきます!




161110_cannele_chocolat_2

shine「カヌレ・オ・ショコラ」shine(cannelés au chocolat)

カヌレはフランス・ボルドー地方の郷土菓子です。

こちらはフランス・ヴァローナ社の高級ショコラとヴァンホーテン社の高級ココアを生地に練り込み、
銅製の型で外側ぱりっと、中もっちりに焼き上げるレドゥーシャのオリジナルカヌレです。

カヌレ好きさんが本当に多くて驚いています!

「前はそうでもなかったけど、レドゥーシャのカヌレを食べて、カヌレが好きになった」
と言ってくださる方もたくさんいらっしゃって、嬉しい限りです。






170222_kouign_chocolat

shine「クイニアマン・オ・ショコラ」shine(kouign-amanns au chocolat)


クイニアマンはフランス・ブルターニュ地方の郷土菓子で、クロワッサンのように層状になった生地を楽しむ菓子パン(ヴィエノワズリー)です。

こちらは生地に本場ブルターニュの「ゲランドの塩」とヴァンホーテンの高級ココアを練り込み、更に焼く前にヴァローナのショコラを忍ばせて焼き上げる
レドゥーシャのオリジナルクイニアマンです。

クイニアマンは普通の製菓学校ではまず教えてくれません(笑)

パティシエールが現地のパティスリー・ブーランジュリーに通いつめ、
一番美味しいと思ったお店のものに限りなく近くなるように独自に開発した
渾身の一品です。






150205_chocolat_chaud_2

shine「フランス直伝 ショコラ・ショー」shine(chocolat chaud à la française)

ショコラ・ショーとはホットチョコレートという意味のフランス語です。

パリの製菓学校で習ったルセットを元に、スパイスなどの(余分と思う)ものを限りなく排除した
素材にとことんこだわる方のためのショコラ・ショーです。

可能であればカフェで味わっていただければ幸いですが、
お忙しい方のためにテイクアウトでも承っております。

※弱火で温めるため、ご提供に少しお時間を頂戴いたします。





150524_chocolat_nois

shine「タルト・ショコラ・ノワ」shine(tarte au chocolat et aux nois)

フランス・ペリゴール地方の郷土菓子からインスピレーションを得た
フランス・ヴァローナ社の高級ショコラ100%でお作りするレドゥーシャのオリジナルタルト。

生地にはヴァンホーテンの高級ココアも使い、
アーモンド・ヘーゼルナッツ・くるみ・ピスタチオを散りばめて香ばしく焼き上げます。

ちなみにパティシエールが厳選したヴァローナの複数のショコラを使いますが、
どの種類を使っているかはオーナーも知りません(笑)

※小さめサイズの「タルトレット・ショコラ・ノワ」は平日販売いたしますが
  その日の分がなくなり次第終了させていただきます。





170222_breton_chocolat

shine「ブルトン・ショコラ」shine(sablés bretons au chocolat)

「何それ知らない!」と言われそうですが(笑)

サブレ・ブルトンはフランス・ブルターニュ地方の郷土菓子で、
ザクザク、ホロホロとした食感が人気の厚焼きサブレ(クッキー)です。
※日本では「ガレット・ブルトンヌ」という名前で有名です。

こちらは生地にヴァローナの高級ショコラとヴァンホーテンの高級ココアを使い、
クイニアマンと同じ「ゲランドの塩」を絶妙に練り込んで厚めに焼き上げる
レドゥーシャのオリジナルです。

先日のバレンタインの時、スペシャルBOXに「プチブルトン・ショコラ」というお菓子をお入れしたのですが、
かなり人気があり、多くのお客様からのご要望により
通常サイズ(約5cm)を先週からお作りしています。

期間が短くて申し訳ないのですが、なくなり次第終了させていただきます。






これだけのお菓子・ドリンクが終わってしまうと思うとちょっと寂しい気もしますが、
サブレなど一部の焼き菓子は来月以降もショコラを続けさせていただきますflair

※何といってもレ・ドゥー・シャでは高品質のショコラ・ココアを使っておりますので
 年間を通して人気がありますので・・・





皆様、冬の終わりのレ・ドゥー・シャを楽しんでいただければ幸いですwink






<その他お菓子情報>


170222_financiers_orange

shine「フィナンシェ・オランジュ」shine(financiers à l'orange)

レドゥーシャの看板お菓子、人気ナンバーワンの「焼きたてフィナンシェ・フランセ」の生地に
パティシエールが厳選したフランス産オレンジピールを絶妙に練り込んだ
爽やかな一品です。


「色々あるけど、やっぱりレドゥーシャと言えばフィナンシェ!」とのお声が多く
本当にありがとうございます!


この時期ショコラのお菓子ばかりでは飽きてしまう! という方にもオススメです(笑)

フィナンシェは、日本では袋詰めされてご贈答用として販売されることが多いのですが
レ・ドゥー・シャでは焼きたてで(袋詰めせずに)店頭に並べますので、
外側カリッ、中もっちりのレドゥーシャならではの食感をお楽しみいただけます。


※元々はイタリアからフランスに伝わったお菓子ですが、今ではすっかりフランス菓子ですねhappy02






170215_sables

shine「レ・ドゥー・シャ オリジナルサブレ」(sablés originaux à la façon des Deux Chats)shine

決して派手な存在ではありませんが、レドゥーシャの基本の味を一番ダイレクトに味わえるのがこちら

※サブレとは・・・フランス語でクッキーのことです

通常1個160円ですが、
ただいま期間限定で、2個入250(+税)で販売させていただいております♪

お友達へのちょっとした手土産、プレゼントのお返し、お礼などに重宝されているようで
嬉しい限りです。

よろしければ是非、お気軽にお手に取ってみてくださいねflair







160306

shine「ケーク・オ・フリュイ」shine(cake aux fruits secs au rhum)

珍しく掲載!

サブレと同じく通年商品で、いつも切らさないようにお作りしているので目立ちませんが
実は根強いファンの方の多い、安定した人気のパウンドケーキです。

爽やかな甘みのサルタナレーズン、いちじく、アプリコット、プルーンなどのドライフルーツと
アーモンド、くるみなどのナッツを1ヶ月以上ラム酒に漬け込んでからでないとお作りできませんので、
レドゥーシャのお菓子の中では「スローフード」と言えると思います。

ラム酒は普通はジャマイカ産が多いのですが、
レドゥーシャではフランス領レユニオン島のさとうきびを使ったフランス産のラム酒にこだわっております。
(香りが比較的優しく上品なのが特徴です)

お酒が大丈夫なグルメな方へのプレゼントにも是非shine

※画像はイメージです。手作りのため、フルーツの入り方や断面の大きさはそれぞれ異なります。





今日もついつい長くなってしまいましたが、この辺でパティシエールは仕込みに戻らせていただきますwink

それでは今週も木曜~土曜まで、皆様にお会いできるのを楽しみにしております!!





============================================

今日も最後までご覧いただきありがとうございましたshine
更新の励みになりますので
よろしければポチッと2箇所クリックお願いいたしますconfident
(ランキングサイトにジャンプします)

いつも応援いただき、本当にありがとうございます!!


人気ブログランキングへ ←コレと

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ ←コレ♪

2017年2月15日 (水)

平日限定!タルトレット・ショコラ・ノワ

【お知らせ】

レ・ドゥー・シャでは製造スタッフを募集しております。

170201
※受付時間:
(月)~(土) 10:30 ~19:00 
(仕込、接客のため出られない場合がございます
ので何卒ご了承ください。

ご興味のある方、お気軽にお声をおかけください♪
どうぞよろしくお願いいたします(*^_^*)





-----------------------
(ここからが本文です)

Bonjour !! レ・ドゥー・シャのパティシエールSonoですwink

先週から今週にかけて、バレンタインスペシャルBOXをお買い上げいただきました皆様、
本当にありがとうございました!

一時、ご予約が殺到し、当初の予定を大幅に変更して作り足しました(笑)

通販サイト「Creema(クリーマ)」からも多数ご購入いただき、感謝しております★

クリスマスやバレンタインなどの全国的なイベントがあると、厨房はフル回転で忙しく、体力勝負となりますが
皆様に喜んでいただけること、そして
こうしたイベントをきっかけにレ・ドゥー・シャを知っていただけることが
とてもありがたく、幸せなことだなぁと思っているところです。

※ちなみに、複数のお客様からお問い合わせをいただいております
「ホワイトデースペシャルBOX」は、現在試作中ですwink
追ってUPしますので、しばらくお待ちくださいませ!






さて、バレンタインは終わりましたが、今月いっぱいは「ショコラなお菓子」をお作りしてまいります♪

最近、(いや、最近でもありませんが)
特に平日にご来店いただくお客様からのお声で多いのが・・・


「レ・ドゥー・シャのお菓子は本当に美味しいんだけど・・・」

「もう少し小さくてもいいなぁ・・・(=小さくていいから買いやすくなったら嬉しいな・・・)」

「タルトはカットするのが難しい・・・(=一人分サイズがもう少し小さければ、カットしなくて済むので助かる・・・)」


といった控えめなリクエストflair

(皆様、なかなかはっきりとは言いづらいですよね(笑) ワタシも日本人ですので、よくわかりますwink
今日はパティシエールが皆様の心のお声を勝手に代弁させていただいております)





わかりました!

それでは今週は、木曜・金曜限定で、こちらを作らせていただきますshine






160914_chocolat_nois

shine「タルトレット・ショコラ・ノワ」(tartelettes au chocolat et aux nois)shine


レドゥーシャの歴代タルトで人気1,2をあらそう「フランス産ショコラとナッツのタルト」
丸いタルトレットバージョンです!

※タルトレットとは・・・「小さなタルト」という意味のフランス語です

※ちなみに2016年、人気1、2をあらそったもう一つのタルトがお分かりになる方は
  かなりのレドゥーシャ通ですねbleah





レドゥーシャのブログ・SNSをいつもご覧いただいている皆様にはおなじみかもしれませんが
フランスの高級ショコラメーカーとして有名なヴァローナ社(Valrhona)のショコラを100%使用し、

アーモンド・ヘーゼルナッツ・くるみ・ピスタチオといった4種類のナッツを散りばめた
濃厚で香ばしいタルト(タルトレット)です






この丸いタイプのタルトレットは、母の日やハロウィンなど特別なイベントごとの時の
焼き菓子セット用にお作りすることが多いのですが、


「お皿やフォークを出さなくてもいいから、おやつに食べやすい!」

「丸い方が、食べる時に中身がこぼれにくくて食べやすい!」

(カット販売しているものだと、断面がむき出しになっているからですね)

といったお声を頂戴しており、実は以前から隠れた人気の一品だったのです(笑)






気になるお値段ですが・・・

セット販売の際は、1個420円(+税)としてお作りしてきましたが
今回は今までと違って袋詰めなし(焼きっぱなし)でお出しするなど、省けるものを省きますので
1個390(+税)でご提供できればと思います♪







150919_fb

↑通常のタルトが1カット498円(+税)ですので、
かなりお買い求めやすいのではないでしょうかflair
※土曜日はこちらをご用意させていただきます!

皆様、お忙しい毎日かと思いますが、よろしければこの機会に
是非レドゥーシャまで足を伸ばしてみてくださいねhappy01





<その他お菓子情報>






170201_financiers_alorange

shine「フィナンシェ・オランジュ」(financiers à l'orange française)shine

レドゥーシャの看板お菓子、人気ナンバーワンの「焼きたてフィナンシェ・フランセ」
の生地に
パティシエールが厳選したフランス産オレンジピールを絶妙に練り込んだ
爽やかな一品です。


皆様にご好評いただき、本当にありがとうございます!


この時期ショコラのお菓子ばかりでは飽きてしまう! という方にもオススメです(笑)

フィナンシェは、日本では袋詰めされてご贈答用として販売されることが多いのですが
レ・ドゥー・シャでは焼きたてで(袋詰めせずに)店頭に並べますので、
外側カリッ、中もっちりの食感をお楽しみいただけます。







161110_cannele_chocolat

shine「カヌレ・オ・ショコラ」(cannelés au chocolat français)shine

フィナンシェに次ぐ人気のお菓子「カヌレ・ド・ボルドー」
の生地に
フランス・ヴァローナ社の高級ショコラを溶かし込み、銅製の型でぱりっと焼き上げる
レドゥーシャのオリジナルカヌレです。


2月限定でお作りしているので、来週で終了させていただきます。

通常のカヌレと代わりばんこになるかも・・・と言っていたのですが
あまりに人気があるので、今週もお作りいたします(笑)

※先週、早い時間に売り切れてしまい、カヌレお目当てでご来店いただいたお客様をがっかりさせてしまいました。
人気のお菓子の売り切れは避けられないとは言え、申し訳ない気持ちでいっぱいsweat01
これに懲りずにまたご来店いただければ嬉しいです・・・!






160204_kouignamann_chocolat

shine「クイニアマン・オ・ショコラ」(kouign-amanns au chocolat)shine

こちらもカヌレ・オ・ショコラ同様2月限定のため、来週で終了の予定です。


※クイニアマンとは・・・フランス・ブルターニュ地方の郷土菓子で、クロワッサンのように層になったほんのり甘めの菓子パンです

パティシエールが色々試しましたが、やはり「これだ!」と思う
ヴァンホーテンのココア・・・

そんな高品質のココアをフランス産発酵バター・フランス産小麦の粉で作る生地に練り込み、
更に、(本日ご紹介したタルトレットにも使用している)
フランス・ヴァローナ社の高級ショコラを随所に散りばめた
レドゥーシャオリジナルのクイニアマンです!


「(カフェでお出ししている)スペシャルティ珈琲にとても合う!」

「珈琲に合うように作っているんですか?」


というお声を複数いただいている、他のお店では(似たようなものでも)食べられないと思われるお菓子です。

皆様、是非今のうちにお楽しみいただければ嬉しいです♪



 

最後に・・・





170215_sables

shine「レ・ドゥー・シャ オリジナルサブレ」(sablés originaux à la façon des Deux Chats)shine


決して派手な存在ではありませんが、レドゥーシャの基本の味を一番ダイレクトに味わえるのがこちら

※サブレとは・・・フランス語でクッキーのことです

実はあえて告知していませんでしたが、先週より通常1個160円(+税)のところ
期間限定で、2個入250(+税)で販売させていただいております♪

お友達へのちょっとした手土産、プレゼントのお返し、お礼などに重宝されているようで
嬉しい限りです。

よろしければ是非お手に取ってみてくださいねflair





長くなりましたが、これにて本日の記事は終了です(笑)

パティシエールはこれから仕込みの続きに戻らせていただきますwink

今週も木曜~土曜までの3日間、皆様にお会いできるのを楽しみにしておりますnotes






============================================

今日も最後までご覧いただきありがとうございましたshine
更新の励みになりますので
よろしければポチッと2箇所クリックお願いいたしますconfident
(ランキングサイトにジャンプします)

いつも応援いただき、本当にありがとうございます!!


人気ブログランキングへ ←コレと

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ ←コレ♪

2017年2月 6日 (月)

2017バレンタインBOX限定販売いたします【終了しました】

【お知らせ】

ハンドメイド通販サイト「Creema(クリーマ)」のメールマガジンに

レドゥーシャの「バレンタインスペシャルBOX」がピックアップされました!

よろしければ、以下のリンクよりご覧くださいませ^^

---------------------------------------------------------
メルマガタイトル「バレンタインに嬉しい こだわりスイーツ&フード」
メルマガURL:
https://www.creema.jp/mailmagazine/2017020803.html
---------------------------------------------------------

※下の方ですが、ちゃんと載っています!(笑)





--------------------------
(ここからが本文です)




Bonjour à tous !! (皆様こんにちは!!)

レ・ドゥー・シャのパティシエールSonoですwink

大変お待たせいたしました・・・

先日からブログ、FacebookなどのSNS、
地域情報誌「ショッパー」で告知させていただいておりましたが、

「2017バレンタインスペシャルBOX」の内容がついに決定しました!!







170206_stvalentin03

(左上から時計回りに)

1. プチ・タルトレット・ショコラ・ノワ(petite tartelette au chocolat et aux nois)shine

レ・ドゥー・シャの大人気タルト「タルト・ショコラ・ノワ」がプチサイズになりました!
フランス・ヴァローナ社の高級ショコラ、ヴァンホーテン社の高級ココア100%!
アーモンド・ヘーゼルナッツ・くるみ・ピスタチオを散りばめた
香ばしいタルトレットです。
昨年よりもナッツの量を増やし、更にタルト生地もショコラ生地に変更し
こだわりぬきました!


2. フランス風 プチ・ブラウニー・オランジュ(petit "brownie" à l'orange à la française)shine

パティシエールがパリの学校で習ったルセットがあまりに美味だったため
アレンジなしで、そのまま再現しています(笑)
こちらもヴァローナのショコラとヴァンホーテンのココアのみを使用した
とっておきの一品です。
今年はパティシエールが厳選したフランス産オレンジのコンフィ(オレンジピール)をプラスし
濃厚な中にも爽やかさが感じられるチョコレートケーキに仕上げます。
「プチカヌレ型」を使うのがレドゥーシャ風です^^
このフランス風ブラウニーはバレンタイン限定です! 年に1度しか作りません(笑)


3. プチ・サブレ・ブルトン・ショコラ(petit sablé breton au chocolat)

レ・ドゥー・シャで年間を通して人気のお菓子「サブレ・ブルトン」(=ガレット・ブルトンヌ)が
プチサイズのショコラ味で登場です!
サブレ・ブルトンはフランス北西部ブルターニュの地方菓子ですが
ブルターニュの中でも、地域によって、家庭によって色々なルセットがあります
(アーモンドパウダーが入るもの入らないもの、表面に格子模様をつけるものつけないもの、など)
レ・ドゥー・シャでは「アーモンドパウダー入り・格子模様つき」のタイプで常にお作りしています。
今回のショコラ生地は、ヴァンホーテンのココアを練りこむだけででなく
ヴァローナのショコラを溶かし込んでいるため、
小さくても深みのある、他ではなかなか食べられないブルトンではないかと♪
本場ブルターニュの「ゲランドの塩」も絶妙に効いております^^


4. アマンド・ショコラ・ココア/抹茶
(amandes au chocolat saupoudrées de cacao en poudre et de thé vert mâtcha en poudre)


レ・ドゥー・シャ初登場!
フランス産発酵バターを使って香ばしくキャラメリゼしたアーモンドに
ヴァローナのショコラをたっぷりとからめ、
仕上げにヴァンホーテンのココア、伊勢神宮御用達「芳翠園」の高級抹茶をまとわせます。
ココアと抹茶には甘みをつけていませんので
その分、中のショコラは他のお菓子よりもほんのり甘めに仕上げてあります。
貴重な芳翠園の抹茶をアマンド・ショコラに使う店はほとんどないと思われるので
抹茶にこだわる方にもぜひお試しいただきたい一品です。


5. "2匹の猫"サブレ・ショコラ(sablés au chocolat "des deux chats")

「レ・ドゥー・シャ」とはフランス語で「2匹の猫(les deux chats)」。
パリでの修業時代、ホームステイ先で飼われていてパティシエールを癒してくれた
2匹の猫「ルナ(Luna)」と「グリシャ(Grichat)」に由来しています。
「今度は私達が誰かにとっての癒しになれたら」という思いを胸に、
2014年10月にお店をオープンしました。
そんな初心を忘れないように・・・
今年は2匹の猫のサブレをバレンタインBOXに入れさせていただくことにしました。
2つともヴァンホーテンのココア入りのショコラ生地で、
仕上げに、1つはココアパウダー、もう1つは粉砂糖を使っています。
シンプルで飽きのこない、レドゥーシャのサブレをお楽しみください。


6. プチ・フロランタン・ショコラ(petit florentin au chocolat)

パティシエールの気まぐれで、気が向いた時にしか作らないフロランタン(笑)
たまにお作りすると大人気で、あっという間に売り切れてしまうレアな一品です。
レ・ドゥー・シャのフロランタンの特徴は、
底のサブレ生地にも表面のキャラメルにもフランス産発酵バターを使うこと、
キャラメル部分が多いこと(当社調べ)、
それからレーズン、オレンジなどのドライフルーツ類を使わないこと・・・
→使っちゃいけないわけではないです、むしろ本場では使いますが、
フロランタンに関しては、レドゥーシャでは純粋にスライスアーモンドのカリカリ感と
サブレ生地のサクサク感だけで勝負したい!
そんなパティシエールのこだわりのフロランタンを
バレンタインにちなみ、ヴァンホーテンのココア生地で、甘すぎない大人の味に仕上げます。






170206_stvalentin02_2

フランス焼き菓子店であるレドゥーシャならではの、
フランスのエスプリがたっぷり、宝石のようなお菓子たちshine

パッケージは今年はフランス語入りのものを選びました^^

十字に結ぶ赤いリボンは心を込めたギフトの証♪

大切な方へのプレゼントにはもちろん、
普段がんばっているご自分へのご褒美にも、是非いかがでしょうか?

※スイーツ好きの男性のお客様もお待ちしております!






「2017バレンタインスペシャルBOX」は、1980円(+税)で販売いたします。

25セット限定、2/9(木)~12(日)の4日間限定です!

※ご予約優先とさせていただきます。

※ご予約はお電話、メール(infolesdeuxchats@gmail.com)、Facebook・Instagramのメッセージから承ります。

※ご予約の際は、

・お名前(フルネーム、ふりがな)
・セット数
・お受取日時
・当日連絡の取れるお電話番号


をお知らせください。


※店頭、通販サイト「Creema(クリーマ)」でも一部販売いたします。
2/7追記:クリーマに出品いたしました!以下のリンクよりご覧ください↓
https://www.creema.jp/item/3474647/detail

※都合により、予告なく中身・パッケージを変更させていただく場合がございます。

※売り切れました。皆様、ありがとうございました!!






それでは今週は木曜~日曜までの4日間、皆様にお会いできるのを楽しみにしております!!






============================================

今日もご覧いただきありがとうございましたshine
更新の励みになりますので
よろしければポチッと2箇所クリックお願いいたしますconfident
(ランキングサイトにジャンプします)

いつも応援いただき、本当にありがとうございます!!


人気ブログランキングへ ←コレと

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ ←コレ♪

2017年2月 1日 (水)

2月限定クイニアマン!

【お知らせ】

レ・ドゥー・シャでは製造スタッフを募集しております。

170201
※受付時間:
(月)~(土) 10:30 ~19:00 
(仕込、接客のため出られない場合がございます
ので何卒ご了承ください。

※2/1追記:内容を一部変更させていただきました。


ご興味のある方、お気軽にお声をおかけください♪
どうぞよろしくお願いいたします(*^_^*)





-----------------------
(ここからが本文です)

Bonjour !! レ・ドゥー・シャのパティシエールSonoですwink

2月、パティスリー・ショコラトリーが大変忙しい時期がやってきました!
(本当はその前から忙しいのですが!)

レドゥーシャもたくさんのお客様に来ていただけるよう、日々仕込みをがんばっておりますflair

さて、今週からはこちらの限定焼き菓子をお作りいたします↓↓





160204_kouignamann_chocolat

shine「クイニアマン・オ・ショコラ」(kouign-amann au chocolat français)shine

このブログをご覧いただいている多くの皆様にはお馴染みかと思いますが
クイニアマンとは、クロワッサンのように層になった、
フランス北西部ブルターニュ地方のほんのり甘めのお菓子(菓子パン)です

※ちなみに先週土曜日、売るものがなくなってしまいsweat01急遽こちらをお作りしたので、
店頭で既にご覧になった方もいらっしゃると思います





大西洋に面したブルターニュ地方では、昔から塩の生産が盛んでした

酪農も盛んであることから、自然と塩入りのバター(有塩バター)が一般的になったようです

そんなわけでブルターニュでは、クイニアマンは有塩バターで作るのが普通ですが
レ・ドゥー・シャでは本場ブルターニュの「ゲランドの塩」フランス産発酵バターに練り込むことで
本場の味に可能な限り近付けておりますflair





フランス菓子の歴史を調べていると、よく出てくるのが
「失敗したと思ったが、思い切ってお客さんに出してみたところ大好評となり・・・」
という文章✩

このクイニアマンも、パティシエールがフランスで聞いたところでは

「ブルターニュのある小さなパン屋さんが、ある日うっかりあり得ない量のバターを生地に混ぜてしまった」

ことから生まれた、のだそうです。※諸説あります





失敗したと思っても、思い切って商品として出してしまう気軽さから
フランスという国の大らかさ、地方ならではの優しさを感じますwink
(こんなエピソードは、大抵都会から離れた小さなお店だったりしますね)

だからこそ、パリで学んでいながらも、ワタシは地方菓子が好きなのかもしれませんshine





今月お作りする「クイニアマン・オ・ショコラ」は、通常のクイニアマンと同様、

・フランス産発酵バター
・フランス産小麦の粉
・フランス・ブルターニュのゲランドの塩


を使用しつつ、
生地に(ワタシが世界最高級だと思っている)ヴァンホーテン社の純ココアパウダーをたっぷり練り込み・・・





・・・と、ここまでは昨年お作りしたものと同じで、このままでももちろん美味しいのですが、

さらに!

今年は最後の成形の段階で、フランス・ヴァローナ社の高級ショコラを追加することにしました!

これにより、味により深みが増し、「大人が楽しむショコラのクイニアマン」が完成しましたsign03


※甘すぎず、でもほんのり甘い、深みのあるショコラという意味です





お店ではできるだけこまめに焼き、
可能な限り焼きたてのものを店頭に並べられるよう努力しておりますが
それでもこの季節、お持ち帰りいただく間にどうしても冷たくなってしまうと思います。

もし可能でしたら、お召し上がりになる前にオーブントースターの弱モードで3分ほど、軽く温めていただければ
フランス産発酵バターとヴァローナのショコラが程良く溶けて
より焼きたての風味に近づくと思いますので
お手数でなければ、是非お試しいただければと思いますflair

※生地にまぶしているグラニュー糖が溶けて熱くなりますので
 やけどにはご注意ください・・・!






170215_kouignamann_chocolat

クイニアマン・オ・ショコラの断面です。

あまりぎゅーっと詰めず、ふんわりと空気の層を作ることで
「カリカリ、サクサク」の食感を実現しました☆

※2/15追記:やっと断面を撮影できたので、通常のものから画像を差し替えました!





パティシエールのこだわりがたくさん詰まった「クイニアマン・オ・ショコラ」
昨年よりバージョンアップしましたが、お値段は昨年と同じ!

1個398円(+税)でございますshine

他のお店にはない、レドゥーシャのオリジナルです✩

2月、特にショコラが食べたくなる時期に、多くの皆様に楽しんでいただければ嬉しいですshine





<その他お菓子情報>





170201_financiers_alorange

shine「フィナンシェ・オランジュ」(financiers à l'orange française)shine

レドゥーシャの看板お菓子、人気ナンバーワンの「焼きたてフィナンシェ・フランセ」の生地に
パティシエールが厳選したフランス産オレンジピールを絶妙に練り込んだ
爽やかな一品です

1月の途中からお作りしておりますが、想像以上に皆様にご好評いただき、本当にありがとうございます!

この時期ショコラのお菓子ばかりでは飽きてしまう! という方にもオススメです(笑)

焼きたてで(袋詰めせずに)店頭に並べますので、外側カリッ、中もっちりの食感を楽しんでいただければと思います♪





161110_cannele_chocolat

shine「カヌレ・オ・ショコラ」(cannelés au chocolat français)shine

今年初登場!

フィナンシェに次ぐ人気のお菓子「カヌレ・ド・ボルドー」の生地に
フランス・ヴァローナ社の高級ショコラを溶かし込み、銅製の型でぱりっと焼き上げる
レドゥーシャのオリジナルカヌレです

昨年の一時期、期間限定でお作りしたところ、あっという間に売り切れて驚いた記憶が・・・

久しぶりにお作りしますので、まだお召し上がりになったことのない方も
「あの時のアレ、食べたかった!」という方も、よろしければ是非♪

こちらもクイニアマン・オ・ショコラと同じく今月限定でお作りしますが
時々通常のカヌレと代わりばんこになるかもしれません。

確実に入手されたいお客様、お手数ですがご予約いただければ確実です♪





151010_chocolatnois_fb

shine「タルト・ショコラ・ノワ」(tarte au chocolat français et aux nois)shine

レドゥーシャで1,2を争う人気のタルトが再登場です♪

フランス・ヴァローナ社の高級ショコラ+ヴァンホーテン社の純ココアをたっぷり使った濃厚なクリームの上に
アーモンド・ヘーゼルナッツ・くるみ・ピスタチオを散りばめ
香ばしく焼き上げます

タルト生地にはもちろんいつものように、フランス産発酵バター+フランス産小麦の粉を使い
しっかりと長めに焼くことで、素材本来の風味を引き出します

※「タルト生地がおいしすぎるので、これだけを食べたい!」というリクエストを多くいただいたことから(笑)
そんな方向けに販売を始めたのが「サブレ・ナチュール」ですflair

1個(160円+税)からお買い求めいただけますので、
「ちょっと味見したい」という方はそちらも是非探してみてくださいね♪





今日も長い記事を最後までお読みいただき、本当にありがとうございました!

今週も木曜~土曜まで、皆様のお越しをお待ちしておりますlovely





============================================

今日もご覧いただきありがとうございましたshine
更新の励みになりますので
よろしければポチッと2箇所クリックお願いいたしますconfident
(ランキングサイトにジャンプします)

いつも応援いただき、本当にありがとうございます!!


人気ブログランキングへ ←コレと

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ ←コレ♪

2017年1月24日 (火)

パリ=ブレスト、いよいよ終了です

【お知らせ①】

レ・ドゥー・シャでは製造スタッフを募集しております。

170201
※2/1追記:条件を一部変更させていただきました。

※受付時間:
(月)~(土) 10:30 ~19:00 
※仕込、接客のため出られない場合がございます
ので何卒ご了承ください。

よろしくお願いいたします(*^_^*)





-----------------------

【お知らせ②】


1月限定「ガレット・デ・ロワ」、ご予約は今週末(1/28(土))までですshine



170118_galettes_des_rois

手前は今年初登場の13cmサイズですが、厚みがあってそれなりにボリュームがあるので
皆様にご満足いただけているようで嬉しいです!

ご家族、お友達何名様かで分けられる方は、
15cm、または18cmサイズがよりお得ではあります(笑)

別添えのフェーヴは、「パティシエールにおまかせ」というお客様もかなりいらっしゃって
ワタシも楽しませていただいています^^




「ガレット・デ・ロワ」の詳細は、以下のリンクからブログ記事をご覧ください。

http://www.les-deux-chats.com/blog/2017/01/2017-1719.html

※人気のためお渡しまで少々お時間をいただいております
お急ぎの方はご相談ください✩





--------------------
(ここからが本文です)

Bonjour !! レ・ドゥー・シャのパティシエールSonoですwink

タイトルにあります通り、いよいよ今週でこちらのお菓子が終了いたします↓↓





151217_parisbrest_blog


shine「フランス直伝 パリ=ブレスト」(Paris=Brest à la française)shine

焼き菓子店のレドゥーシャが時々お作りする人気の生菓子ですheart04

※パリ=ブレストについて詳しくはこちらの記事をご覧ください↓

「魅惑のデセール、パリ=ブレスト」
http://www.les-deux-chats.com/blog/2017/01/post-491c.html




時に主力の焼き菓子より反響が大きく、複雑な気持ちになることもありましたが・・
そんなパティシエールの小さなこだわりはこの際どうでもいいですね!

ワタシは日本とフランスで「フランス菓子全般」を学んだのですから・・
焼き菓子も生菓子も、みんなワタシの可愛い子供達です!





本格的なパリ=ブレストを作るお店は少ないのでしょうか、
そんなこともないと思うのですが、とにかくびっくりするほど人気があって

作るそばから売れてゆきます

皆様本当にありがとうございます!

シュー生地にも、中のクリーム(クレーム・ムースリーヌ・オ・プラリネ)にも
レドゥーシャだけのフランス産発酵バター・フランス産小麦の粉を使用しておりますので
「フランスの、あのパティスリーで食べたパリ=ブレスト」を思い出す方もいらっしゃるようです

加えて(何度も書いていますが)今年はプラリネもフランス産に変えましたので・・・
本当に、パティシエールの目指す味により近くなりましたnotes






151203_parisbrest_blog

土曜日にご購入されたいお客様が殺到する傾向にあり、
早めに売り切れる可能性がございます。

確実に手に入れたいお客様には事前のご予約をオススメしております。

お電話(042-683-0244)、ご予約専用メール(infolesdeuxchats@gmail.com)、Facebook、Instagramより受け付けておりますので
どうぞよろしくお願いいたします♪

※既にご予約くださいましたお客様、ありがとうございます!





<その他お菓子情報>





160626_financiers

レドゥーシャで人気ナンバーワンの看板お菓子、shine焼きたてフィナンシェshine

皆様いつもありがとうございます!

今週より期間限定で、入荷したばかりのフランス産オレンジピールを使った
shine「フィナンシェ・オランジュ」(financiers à l'orange)shineをお作りいたしますnote

フランス産発酵バター(A.O.P.)を絶妙に焦がして生地に使うフィナンシェ、
どちらかと言うと濃厚なこのお菓子に
オレンジの爽やかさをプラスした一品です

先日もお客様とお話しさせていただいたのですが
フランスのようにフィナンシェを焼きたてでご提供するお店はとても少ないようです

外側カリッ、中もっちりの、他ではなかなか食べられないフィナンシェを
皆様、よろしければ是非お試しくださいませ♪





170118_kouglofs_pepites_chocolat

shine「クグロフ・チョコチップ」(kouglofs aux petites de chocolat)shine

こちらはお菓子だけでなくパン好きのお客様にも人気の
フランス・アルザス地方の菓子パン(ヴィエノワズリー)ですflair

フランス・ヴァローナ社の高級ショコラをチョコチップ扱いするゼイタクさ!

クグロフは今週をもちましてしばらくお休みさせていただきます。

表面のスライスアーモンドのカリカリ感と、中のふんわり感のコントラストを
是非是非今のうちに楽しんでくださいね♪





他にもカヌレやケーク(パウンドケーキ)、エンガディナー、サブレなどもございますが
長くなりますのでこの辺で(笑)

それでは今週も木曜から土曜まで、皆様のお越しを心よりお待ちしておりますhappy02






============================================

今日もご覧いただきありがとうございましたshine
更新の励みになりますので
よろしければポチッと2箇所クリックお願いいたしますconfident
(ランキングサイトにジャンプします)

いつも応援いただき、本当にありがとうございます!!


人気ブログランキングへ ←コレと

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ ←コレ♪

2017年1月18日 (水)

大人気!くるみの「あのタルト」

【お知らせ】

1月限定「ガレット・デ・ロワ」、皆様にご好評いただきありがとうございます!


170118_galettes_des_rois

こちらは先週の画像ですshine とても良い色に焼けています!

手前は今年初登場の13cmサイズですが、厚みがあってそれなりにボリュームがあるので、皆様にご満足いただけているようで嬉しいです。

別添えのフェーヴは、「パティシエールにおまかせ」というお客様もかなりいらっしゃって
ワタシも楽しませていただいています^^




「ガレット・デ・ロワ」の詳細は、以下のリンクからブログ記事をご覧ください。

http://www.les-deux-chats.com/blog/2017/01/2017-1719.html

※人気のため、お渡しまで少々お時間いただいております。

※期間限定品のため、ご予約は1/28(土)で締め切らせていただきます。
 ご検討中の方は、どうぞお早めに・・・!




--------------------
(ここからが本文です)

Bonjour !! レ・ドゥー・シャのパティシエールSonoですwink

今週ピックアップするお菓子は・・・

常に品薄のため、めったにブログやSNSに登場しない、でも常連さんを中心にリピーターさんが多い、「あのお菓子」です!




150221_engadiner

shine「スイスのお菓子 エンガディナー」shine(engadiner nusstorte)

香ばしいアーモンド風味のタルト生地でくるみのヌガーを包み焼きにした、くるみの産地であるスイス東部のエンガディン地方のお菓子です






150205_engadiner

生地にはレドゥーシャならではのフランス産発酵バター、フランス産小麦の粉を使用、
中のヌガー(キャラメルのようなもの)にも同じフランス産発酵バターを使ったこだわりの一品ですflair

このお菓子はほとんど宣伝していないのですが、レドゥーシャの袋入りお菓子(サブレ、パウンドケーキなど)の中で常に一番人気なのです!





このお菓子を初めて知ったのは、最初に通った東京の製菓学校でした

ある日の授業内容がホールケーキのような、確か18cmサイズのエンガディナーで
授業では学生一人一人が一台ずつ作り、授業の最後の試食の時間には先生が作ったものを皆で分け合って食べました

まず、初めて食べるくるみのヌガーの美味しさに感動!

そして、タルト生地は(自分ならもうちょっとこうしたい)と思えるものでした(生意気ですね~笑)





授業の後、何度か自宅で作りましたが、どうもホールサイズというのが食べにくく、分けにくい・・・

例えば誰かにプレゼントする時、授業で作った丸いホールサイズや、四角い天板で大きく作り、それをあらかじめカットして袋詰めするという方法もあるのですが、
袋詰めの際に端の方が崩れたり、カットした面から美味しさが逃げていくような気がして、抵抗がありました(個人の感覚ですが・・・)

そこで、手間はかかるけれど、一人分の丸い形で作り、カットせずに袋詰めすればいいのでは? と思い立ち
ちょうど持っていた小さめの7-8cmのタルトレット型に合わせてタルト生地を型抜きし、
ヌガーは(これまたちょうど持っていた)小さめのセルクルに流して固めておき、
お一人分のサイズとして組み立てて焼いて友人・知人にプレゼントしたところ
これが大好評!

当時まだ素人でしたが、思いつきと偶然が重なり、思わぬ新製品が誕生したのでした

はっきり覚えていませんが、たぶんこれが10年ほど前の話です





その後、フランスに製菓留学したり、もうひとつ東京の製菓学校に通ったりして、2014年に正式にフランス焼き菓子店を始めることが決まった時、ワタシは少し悩みました

「エンガディナーどうしよう?」

「フランス焼き菓子店なのに、スイスのお菓子を作っていいのかな?」


でも、悩んだのは少しでした(笑)

その頃には友人・知人の間では既にエンガディナーはワタシの代表作のような存在になっていて、それに、偶然知り合うことのできたスイスの知人からも「これはスイスのより美味しい!」と言われたこともあり、
このエンガディナーを作らないという選択肢はすぐになくなったのでしたflair





思えばスイスはフランスのお隣、公用語の一つにフランス語があり、地域によって多少差があるものの、どこへ行ってもフランス語が通じる国です

フランスと縁の深いスイスのお菓子を、フランスの素材を使い、日本のお客様に喜んでいただけるなら、それはとてもいいことなのではないか・・・と勝手に思っております

このエンガディナーは、たぶんワタシにしか作れないと思います(笑)





・・・語りだすと止まらなくなるのでこの辺にしておきますがsweat01

レドゥーシャに立ち寄れば、例えその日のお目当てが他のお菓子だったとしても、必ずエンガディナーをひとつ、ふたつ、買ってくださるお客様が増えていて、本当に嬉しい限りです

小さく作ることで手間がかかるため、あまり量産できず、いつも品薄ですみませんが
もし見かけたら、初めての皆様も、是非お気軽にお手に取ってみてくださいねshine

※そう言えば先月、エンガディナー大好きとおっしゃる新規のお客様がわざわざご来店くださいました
その後お会いしていませんが、お口に合ったかな・・・♪





150531

パティシエールの思い出がたくさんつまった「スイスのお菓子 エンガディナー」
1個420円(+税)でございますshine

※スイスのことを思い出して、まだ一度しか行ったことがありませんが、また旅したくなりました!





<その他お菓子情報>





150516_financiers

レドゥーシャの看板お菓子shine「焼きたてフィナンシェ・フランセ」shine

皆様いつもありがとうございます! 今週ももちろんございますshine

フランス産の焦がしバターの豊かな風味を味わえるのはこのお菓子だけですので
まだお召し上がりになったことのないお客様も是非お試しください♪





160611_cannele_orange

フィナンシェに次ぐ人気のレドゥーシャの「カヌレ・ド・ボルドー」、
今週はフランス産オレンジピールを使ったshine「カヌレ・オランジュ」shineをお作りいたします

※見た目は変わりませんが、仕込段階からオレンジを加えて生地を寝かせ、焼く時に再度オレンジを追加します

以前一度だけお作りし、好評でしたので久々の登場です!





170118_kouglofs_pepites_chocolat

shine「クグロフ・チョコチップ」shineパン好きのお客様にも大好評!

レーズンが入らないのでお子様も食べやすいようですね^^

ワタシは1個ぺろりといただきますが(笑)ご家族で分けてもいいかもしれませんねnotes






170111_parisbrest_2

shine「フランス直伝 パリ=ブレスト」shine

焼き菓子店のレドゥーシャがまれにお作りする生菓子です

今年はアーモンドプラリネをフランス産に変更し、よりフランスの味に近くなったと思います
こちらは1月いっぱい(来週)で終了させていただきます





お菓子はまだまだありますが、長くなりますのでこの辺で・・・

今週も木曜~土曜まで、皆様のお越しをお待ちしておりますhappy02





============================================

今日もご覧いただきありがとうございましたshine
更新の励みになりますので
よろしければポチッと2箇所クリックお願いいたしますconfident
(ランキングサイトにジャンプします)

いつも応援いただき、本当にありがとうございます!!


人気ブログランキングへ ←コレと

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ ←コレ♪

«期間限定!チョコチップクグロフ♪